マガジンワールド


From Editors No. 1898 リレー日誌

From Editors
編集部リレー日誌

アラサーの家電選びの正解は、自分の“未来予想図”を描くこと!

家電量販店って、とくに用事がなくても、見て歩くだけでも本当に楽しいですよね。先日も、冬に着まくっていたニットが、そのお気に入り度合いに比例して毛玉ができまくってしまったので、毛玉取り器を買おうと某大手家電量販店へ。さてどこの売り場にあるのだろう? と1階に掲示してある巨大なフロアガイドをつらつらと眺めていたら、洗濯機などが置いてあるフロアのところに、きちんと「毛玉取り器」と書いてあって、地味に感動してしまいました。「この表示って、夏には別のものに書き換えるのかな~?」なんて思いながらも、そのフロアに上がると、毛玉取り器だけでも10種類ぐらいあってびっくり。電池式に充電式、ごっそり毛玉が取れるタイプやデリケート素材に優しいタイプなどなど…。日本の家電量販店のきめ細かな品揃えと、家電メーカーのユーザーの願望にとことん応える商品開発力に、改めて感動した次第です。

しかし、そのように選択肢が豊富であるがゆえに、家電選びがよけいに悩ましくなるのも、また事実です。売り場の販売員さんにアドバイスを聞こうにも、混雑する店内でつかまえるのは至難の業、ずらりと並ぶ家電の間で途方に暮れる、なんてことは誰しも経験があるはず。そこで、今回のananでは、“一人暮らし歴数年の20代後半~30代前半の働く女子”に焦点を絞って、それぞれの家電の基礎知識や、選ぶ際の考え方、本当におすすめの機種をご紹介します。一般的に生活家電の耐用年数は7~10年といわれています。つまり、アラサー女子にとって家電選びは“10年先のライフスタイル”“こうありたいと願う自分の姿”を考えることなんです。結婚しているのか、共働きなのか、子供はいるのか、平日はどれくらい料理をするのか…。“今の自分に便利なもの”ではなく、“10年先にも嬉しいもの”を考えていくと、必要な機能がおのずから絞られていきますし、なにより選ぶのがぐっと楽しくなりますよ!(編集H)

誌面では紹介できなかったのですが、こちらが現在溺愛中の毛玉取り器。毛玉ができるのが待ち遠しくなるほど優秀です!
誌面では紹介できなかったのですが、こちらが現在溺愛中の毛玉取り器。毛玉ができるのが待ち遠しくなるほど優秀です!