マガジンワールド


From Editors No.1907

From Editors
編集部リレー日誌

調べるほどに新しい世界が広がる、SNSワールドの快楽
今回のマナー特集のなかで、ちょっと異質な(?)SNSページを担当しました。ちなみにいまや、SNSというより「コミュニケーションツール」と呼ぶらしいですが、今回はあえてSNSとしています。

脈々と受け継がれる伝統やしきたりの世界とは一線を画す、デジタルのマナー。FacebookやTwitter、LINEにInstagramを日々使いこなしつつも、本当にしょっちゅう変わる仕様やルールに翻弄されて、いつの間にやらルール違反、下手すると犯罪?…なんてこともありうるのだからコワイ。アンテナ張って、神経遣っていなきゃならないのなら、いつまでついていけるんだろうワタシ、いや、もうついていけてないのか…という焦りとあきらめ。それでも今を生きるには情報ツールなくしては始まらない! と、大学を卒業したてのデジタルボーン(に近い)ライターさんと、各種デバイスとPCを使いまくって調べました。もう液晶画面はべったべた。

なにしろ、新しいツールが生まれたり、バグが発見されたり、仕様が変わったり、のスピードが速いので、そのたびに確認確認の毎日です。デジタル系のニュースに敏感になりました。

ある週末、車で買い物に出ていたら、ラジオからとあるSNSの情報漏えいのニュースが! あー、このツール、昨日入稿しちゃってた…! 「大丈夫ですよ、もうバグ修正されてるらしいですから!」人間過ちはある。人間じゃないが。大丈夫だこれもありだ。「ん、このサービス、某大手会社から訴えられてるって!」「あ、Appストアからなくなってる」「別名でアップされてるらしいですよ、問題を解決したとかで」「裏を、裏をとるんだ!」…刑事ドラマか、っての。

そんなこんなの「いまどきの絶対常識 最新「SNSマナー」なう」。なう、に気持ちこめてます。2014年5月28日現在がVer.1ってことで、更新必須です。でも、あんまり怖がらずに本来はのびのび使いたいですよね、便利なものなんだから。設定などのポイントを押さえたら、数か月に一度定期健診のように見直し、疲れたらいっそやめてしまう。アンチSNSの日を作る。そうやって、うまく付き合っていきたいです。災害時や海外でも、命綱になることだってあるんですから!(M)

(左)ananツイッター、フォローしてください! https://twitter.com/anan_mag(右)LINE@もやってます。ananで検索してください。
(左)ananツイッター、フォローしてください! https://twitter.com/anan_mag(右)LINE@もやってます。ananで検索してください。