マガジンワールド


COVER STORY No.1909

COVER STORY

あなたの運命をサポートする、幸運の黄色い“雑誌”です。
「運とは、常に変わりゆくもの。そこに自分の命や個性が吹き込まれ、運命となります」とは、G・ダビデ研究所主宰のオフェリア・麗さん。「当たる!」と評判の、小誌占い特集の立役者です。オフェリア・麗さんによれば、与えられた運をどう受け止めていくかで、良い方向にも悪い方向にも人生は変えられるそうです。そこで表紙はKana Kobayashiさんにお願いし、幸運の女神がエールを送ってくれるイメージにと、元気なイエローカラーのイラストを描いていただきました! 
2014年下半期のラッキーキーワードは“我あるがゆえに道あり”。自分の意志や目的がある人のほうが幸せを掴みやすい時期へと移り変わっていくそうです。では、あなたがやってみたいことはなんですか? それは、本当に意味があることですか? この問いを突きつけられるような厳しい現実や課題を乗り越え、耐え抜いた人は、年明けには繁栄できるそうです。
ちなみに私(双子座)は、7月は停滞期ながらも12月の運勢は急カーブにさしかかるとか。恋は、7月に最上のお相手GETだそう(頼むよ…)。
全体運、恋愛運、仕事運ともに字数を増やして、読み応えたっぷりな12星座別の詳しい占いは、ぜひ本誌にて。(D)