マガジンワールド


From Editors No.1910

From Editors
編集部リレー日誌

“カエルの卵”はぷちぷちの食感でした。
エクササイズやマッサージでせっせとボディラインを整え、お風呂上がりのボディケアで手触りのいい、しっとりすべすべ肌に。これぞ男子好みの「おいしい」カラダを手に入れる基本。でも、残念ながら、これだけじゃあ足りません。インナービューティって言うように、内側からのケアこそ大切なんです。そう、 You are what you eat(あなたが食べるものがあなた自身である)。からだにいいものを食べたり飲んだりしなければ、せっかくの努力も台無しに。
 
なんて、とっくにわかっていても、ビタミンにミネラルにタンパク質に、と摂らなければならない「カラダにいいもの」が多すぎて、日々の食事で追いつかない! と思ったりしませんか?

そんな悩みを解決してくれるのがここ数年話題の“スーパーフード”たちです。ミランダ・カーやレディー・ガガなどのヘルス&ビューティコンシャスなセレブが こぞってハマっているこのスーパーフードとは、美と健康に好影響を与える成分をたっぷり含んだ食品。すっかりポピュラーになったアサイーやスムージーがその代表です。
 
今週号でその最新カタログを担当することになったわけですが、「アンチエイジング」や「免疫力アップ」の響きが心に強く刺さるお年頃だけあって、これがけっこう楽しくて。情報通の美容ライターたちと総力を挙げてしつこくリサーチし、味や食べやすさにもとことんこだわって厳選しました。「何これ〜? カエルの卵みたい〜」という珍品(?)も登場します。さらにanan総研のメンバーたちにも“お試し”してもらったのですが、撮影の翌日に「お腹の調子がいい!」などの嬉しい報告が。よしよし。
 
ちなみに私が個人的に毎日欠かさず摂り続けているのが、亜麻仁オイルやえごまオイルなど、オメガ3系の油。おかげさまで肌はトラブル知らずです。そういえばサッカー日本代表のザッケローニ監督もブラジルのワールドカップに帯同するシェフに「選手にオメガ3を食べさせるように」と注文しているようですよ!
頑張れニッポン! (F)