マガジンワールド


From Editors No.1913

From Editors
編集部リレー日誌

酒場界のスターは吉田類だけにあらず!?
ananをまずはモノクロページから見る、というアナタ……かなりのanan通! というのもモノクロページは“カラーページにするには……”と編集長がちょっぴりふみとどまるような(!?)現場編集者の偏愛あふれる小特集が実験的に組まれることがままあるのです。ということで、
今回は「シブ酒場」。はい、私のマイブームです。もともとビールも飲めなかった私が、30を過ぎいきついた先、そこは酒場。しかもバルと呼ばれるようなこじゃれ感のある酒場ではなく「シブ」系。雰囲気、安さはもちろん、魅力を語りだしたら際限なく語れます。
でも、最終的にはやっぱり人! 特におやっさん(=店主)の人を惹きつける力といったらっ!! たとえば今回の企画にも登場する北千住『大はし』のおやっさん。長いコの字型のカウンター内を、御年85歳ながら背筋をピンと伸ばし、そこかしこに「アイッ!」と威勢のいい声をかけながら軽やかに行き来する姿……その姿に魅了され、いつしかみな、おやっさんの虜に(なかには会話を交わしたいがため注文しているような人もチラホラみうけられるほど……)。
ちなみにそのスター感から私は心の中でおやっさんを“ミスター”と呼んでいるのですが、今回の企画には酒場界の長嶋茂雄にとどまらず、ビートたけしや矢沢永吉といった輝かしいスターが夢の共演を果たしています。何がどうビートたけしで、誰がどうYAZAWAなのかはぜひ実際に店でお確かめを!(N)

酒場界の“ミスター”こと『大はし』のおやっさんがつくる絶品肉とうふ。本編では写真がモノクロなのが悔しいところ……。
酒場界の“ミスター”こと『大はし』のおやっさんがつくる絶品肉とうふ。本編では写真がモノクロなのが悔しいところ……。