マガジンワールド


From Editors No.1926

From Editors
編集部リレー日誌

スラスラ流暢に話したい、英語…じゃなくて敬語。
思い起こせば18歳。私は大学で、体育会の剣道部に所属しておりました。上下関係が驚くほど厳しく(たとえば、1年生は4年生に話しかけてはいけなかった!)、敬語は基本中の基本。が、高校時代は敬語なんて話さなくていい、ユル~い剣道部だったので、敬語の素地なんてナシ。

よって、入部してすぐに1つ上の学年の先輩に呼び出され、以下のようなお叱りを受けました。 「あのさ、『先輩、●●ってゆ(言)ってはりましたよね』は敬語じゃないから」。衝撃。その時まで私は「~してはる」は敬語だと思い込んでいたのです!(今、考えたら関西方言ですよね、これ)

月日は流れて2014年。ビジネスにおけるコミュニケーションの常識、「敬語」を担当し、またもや衝撃が走りました。クイズ形式で間違えやすい敬語を16問用意しているのですが、「上司から仕事を頼まれたとき、返事の仕方として正しい方は?」の答え…入社して十数年たつんですが、間違っておりました(がっくし)。

敬語って、「間違っている」のを誰かに指摘されないと気がつかないことをふたたび痛感。スラスラと流暢な敬語を話せるようにならねば…とこっそり誓いました。みなさんは、敬語に自信、ありますか? (KS)

敬語クイズは、人気の若手芸人うしろシティの阿諏訪さんと金子さんにチャレンジしてもらいました。お2人の解答用紙がこちら(ちょっとスタッフが書き込みしております)。敬語にまつわるお話を聞いているうち、途中でコントみたいになって面白かった~。うしろシティさん、いつか敬語コントやってください!
敬語クイズは、人気の若手芸人うしろシティの阿諏訪さんと金子さんにチャレンジしてもらいました。お2人の解答用紙がこちら(ちょっとスタッフが書き込みしております)。敬語にまつわるお話を聞いているうち、途中でコントみたいになって面白かった~。うしろシティさん、いつか敬語コントやってください!