マガジンワールド


From Editors No.1937

From Editors
編集部リレー日誌

“冷えのぼせ”に効果抜群と噂の「メディカルカッピング」に悶絶!
病室のベッドで、背中丸出しでうつぶせになる私。「はい、じゃあ背中から吸ってきますね〜」(シュポ、シュポ、シュポ、シュポシュポシュポ…)看護師さんの優しい言葉掛けと同時に、背中のお肉が真空状態になったカップに1つずつ吸い込まれ、何とも言えないイタ気持ちいい感覚が1つ、2つ、3つ…。気づけば背中から足までカップは亀の甲羅のように増え続け、背面全体が「キュ〜ッ」と何かに張り付けられているような身動きできない状態に…。そして、この状態で5分待機。(…クライマックスはこの後です)
今回の冷え特集、「女子の体温を上げる13の方法」で個人的に衝撃を受けたメソッドの一つが“冷えのぼせ”を解消するための、この「メディカルカッピング」=瀉血(しゃけつ)。いやぁ、これは凄い。本当に凄い。体験した人にしか分からない感覚だと思うのですが、見た目とは裏腹(?)に、とにかく、超気持ちがいいのです。うっとりするほど。
前述の5分待機の後、カップを外した場所に先生が極細の針をチクチクと刺して、またカップをしてシュポシュポシュポ…。(ここからがクライマックスです!)真空状態になった背中や足から、徐々に血が噴き出し…。カップの中に血が溜まり…(以下自粛)。
こうやって説明するとホラーのようですが、終了後は顔がスッキリ、頭もスッキリ! なんだか体中が軽くなりポカポカするから不思議です。ちなみに、この「メディカルカッピング」、現在、予約がなかなか取れないとか…。2015年は「あぁ〜血を抜かれたい!」なんていう女子が増えそうです。(K)

ご紹介した「石原内科クリニック」では、希望者にメディカルカッピング中の写真も撮影してくれるんです!
ご紹介した「石原内科クリニック」では、希望者にメディカルカッピング中の写真も撮影してくれるんです!