マガジンワールド


COVER STORY No.1938

COVER STORY

「脳にいいこと」なのに…ドキドキが止まらない!
はじめに申しあげます。テーマは、「脳にいいこと」なんです。脳の専門家の先生に事前取材をしてわかった、誰にでもトライできる“簡単かつ最高の脳トレ”を実践すべく、散歩、料理、昼寝のシチュエーションで、生田斗真さんに撮影をお願いしました。

川沿いの道を歩く途中、ふと遠くの空を見上げたり。なれない手つきでドレッシングを作り、スプーンですくってそっと味見…にんまりとほほえむその表情。ブランケットにくるまり、うとうととまどろむ子供のようなあどけなさ。

気がつけば、「とある休日、生田さんとおうちデート♡」みたいなシューティングに!
「いやこれ、彼女だったら死んじゃうね」
「私のために、サラダを作ってくれてる~♡」
女性スタッフの妄想はとどまるところを知らず、始終ドキドキしっぱなし。

そんなスタッフの悶絶をよそに、初めの簡単な企画説明だけで、こちらの意図を一瞬で理解し、とってもナチュラルに演じてくださった生田さん。インタビューが終わるまで、脳はきっと、フル回転していたはず。

「脳にいいこと」シューティングは、もしかしたら、“女子の妄想力を鍛える”ための脳トレだったのかもしれません…。(KS)