マガジンワールド


From Editors No.1943

From Editors
編集部リレー日誌

あんこに抹茶、喫茶店に本屋さん…。そして、ロック!
このミクスチャー感も京都の魅力(?)。

五条通、夷川通、蛸薬師通。今、どんどん進化中のストリートを訪れるため、今回モデル&女優の青柳文子さんと一緒に1泊旅行! …ではなく、出張に行ってまいりました。仕事です、仕事。極寒に震えながら、時間に追いたてられながら、取材してまいりました。でも、ふと思い返すと、あれはやっぱり“楽しい旅行”だったなーと思えてしまうのは、まず青柳さんの「一緒にいる人を自然と和ませる人柄のおかげ」だし、もうひとつは「そこが京都だったから」なのだと思います。目にするものが全て可愛らしく、口にするものは全て美味しい…。これだけで、女ふたりが上機嫌になる要素が揃ってるってもんです。青柳さんがどこを訪れ、何を食べ、何を買ったかについては、誌面でたっぷり語っていますので、ページを通して京都の楽しさが伝わるといいなーと思います。
さて、ここでは、誌面でお伝えできなかった京都の魅力をひとつ。それは、タクシー! ふたりで京都駅に降り立ち、何も考えずに乗ったタクシーが、実はファンを多数かかえる超有名タクシーだったことから、この旅の「楽しい!」は始まりました。Y沢E吉さんを心から愛する、ご本人もEちゃんそっくりな(!?)運転手さんのロックなおしゃべりと、ライブタオルがどーんと広げてあるキラッキラな車内に圧倒されていたら、あっという間にホテルに到着(京都って、このこぢんまり感もいいですよね)。ああ~っ、写真撮るの忘れた~と思って振り返ったときに目にした、颯爽と走り去る高級アメリカ車の後ろ姿…かっこよかった~! 運転手さん曰く「このタクシーには乗ろうと思ってもなかなか乗れない」らしいので、私たちは相当運がよかったみたいです! 白くてやたら大きい、ぴっかぴかのタクシー、街で見かけたら乗ってみてくださいね。(Y)

それでもやっぱり、京都の醍醐味は食…としみじみ思わされたのが、『太郎屋』で食べた腹に染み入る旨さのおばんざい(左)。混んでいてすぐに入れなかったので、『前田珈琲 明倫店』でカフェオレ飲みながら時間つぶし(右)。これも楽しいひと時でした。
それでもやっぱり、京都の醍醐味は食…としみじみ思わされたのが、『太郎屋』で食べた腹に染み入る旨さのおばんざい(左)。混んでいてすぐに入れなかったので、『前田珈琲 明倫店』でカフェオレ飲みながら時間つぶし(右)。これも楽しいひと時でした。