マガジンワールド

From Editors No.1962

From Editors
編集部リレー日誌

内臓の声を聴け!

「肝臓と腎臓って、本当に健気なんですよ…」。
肝臓と腎臓とキレイの関係の取材で、識者の先生が開口一番、つぶやかれたのはこんな言葉でした。胃や腸は、調子が悪くなるとすぐに痛くなったり、たまったり、下したりするまさにひな壇芸人のごとく「リアクションが早い」臓器なのだそうです。対して、肝臓と腎臓は、文句も言わずにひとまず受け入れて、もくもくと働くのだそうです。

そこでわかったのは、とにかくわたしの肝臓と腎臓は、悲しいほどにいたわってもらえていなかった、ということ。圧迫されたり(姿勢悪い)、冷やされたり(冷たい飲みもの好き)、食べ物やアルコールを過剰摂取されたり(食いしん坊で呑み助)…。まさにトリプルパンチをくらっている状態でした。

それからというもの、内臓特集の取材の間じゅう、わたしの脳内で繰り広げられていたのは、「臓器の中心で、わたしに向かって何か叫んでいる、肝臓と腎臓」のイメージ。そしてそれは、こう叫んでいるのです。
※当方、関西出身ゆえ、以下、関西イントネーションでお読みください。

「おぉ~い、聞こえますか~?(←サバンナ八木風に)。僕ら~、ずぅ~っと働きっぱなしなんですわ~。せやから~、いま~、限界きててぇ~、疲れとるんです~。(大声で)や・す・ま・せ・て!!」

…申し訳、ございませんでしたぁ!(←大和田常務風に)。

せめてもの罪滅ぼしに、取材後は、いつもはだだーっとかけるお醤油をちょろっとにしたり、腹八分目にしたり、ついプシュッといってしまう風呂上がりの一杯を、平日は控えたり、なんか、して……。

確かに、これを実行できた次の日は、翌朝、目覚めすっきり! カラダもなんか軽いんです。内臓の声を聴ける人は、キレイになれる。ぜひ、みなさまもお試しを! (KS)

先生に「特に空きっ腹でお酒を飲む前に飲んでおくのがおすすめ」と言われたのが、100%のグレープフルーツジュース(パイナップルジュースも良いとか)。アルコールの分解を助ける作用があるそうです。少しずつ、良いことをはじめております。
先生に「特に空きっ腹でお酒を飲む前に飲んでおくのがおすすめ」と言われたのが、100%のグレープフルーツジュース(パイナップルジュースも良いとか)。アルコールの分解を助ける作用があるそうです。少しずつ、良いことをはじめております。


アンアン No. 1962

腸で超やせ!

450円 — 2015.07.08
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 1962 —『腸で超やせ!』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。