マガジンワールド


COVER STORY No.1967

COVER STORY

長谷川潤さんのナチュラルさ、実は計算!?

長谷川潤さんといえば、ナチュラルビューティの代名詞的存在。飾りっけもなく、天真爛漫で常に笑顔。あざとさや計算高さ、媚びとは程遠いイメージ。ところがどっこいです! すごーく計算された“自然体”だったことが今回インタビューで判明! 人と接する時の距離感、異性に対しての接近法……実はかなり考えた上でしているのだとか!!
 詳しくは、本誌のインタビューでご確認いただければと思うのですが、後々考えると撮影中にも長谷川さんのかけひき術が潜んでいたような。

まずは最初の挨拶。スタジオに入ってくるなり、手を挙げ「おっはよーう!」と陽気な挨拶で現れた長谷川さん。とたんに現場が華やぎ、初対面の私も話しかけやすい雰囲気に(気づけば馴れ馴れしく「潤ちゃん」と呼んでいました)。後のインタビューで「相手の気持ちを和らげること」が長谷川さん的な心理テクの序奏だと明かされ……もしやあの時の挨拶も既に仕事上でのかけひき術のスタート?? ということにはじまり、記憶を巻き戻せばなんだか「もしやもしや」と思い当たることばかり。

もちろん接している間はこちらにまるで気を使わせず、気づけばみんないい気分で仕事していたので、見かけは“自然体”なのですが。かけひき術はもはや相手への思いやりと同義かも! と気づかされた撮影でした。(N)