マガジンワールド


COVER STORY No.2008

COVER STORY

どんな願いごとでも叶いそうな
素敵な表紙が仕上がりました!
まるでステンドグラスのような、繊細な装飾モチーフで囲まれた12星座のシンボル。鮮やかな色で彩られ、はっと息を呑むほど美しい今週号の表紙は、イラストレーターのシライシユウコさんによるものです。昨年末の2016年前半の占い特集号をそのイラストパワーで盛り上げてくださったシライシさん。今回もぜひとも! という編集部からの熱いオファーに応えてくださいました。


それは5月のある夕べ。打ち合わせのために編集部にいらしたシライシさんは、初めての打ち合わせにもかかわらず、数パターンのサンプルをすでに用意してくださっていました。広げられた何枚ものカラフルなイラストを見ながら「あれかわいい」「これも好き!」と、編集長を筆頭にまるで買いもの中の女子たちのように興奮する我々…。皆思い思いに「私はこれ〜♪」と、シライシさんが出したイラストを手に取っておりました。

さてこの表紙、前回のブルーの表紙とのペア感を出すのが編集部の狙い。表紙候補には、赤にマゼンダが混ざったもの、キュートなピンク色中心に彩られたもの、溌剌とした黄色基調のものなどのいくつものカラーバリエーションが並びました。まるで宝石箱をひっくり返したようなそれらのイラストにため息をつくばかり……ではいられませんので、どれかを選ばねばならず。どの候補も甲乙つけがたく、編集部の票は赤とピンクで真っ二つに。結局、今回は、女子らしく、かつ夏らしい軽やかさもあるピンク系でいこう! ということになりました。そして、前回の表紙が円モチーフだったので、今回は多角形がモチーフに。その周りに散りばめられた星座のマークから、自分の星座はどこかな〜?と探すのも楽しいですね。この表紙を眺めるだけで、運命が好転しそうな気もしてくるんです。今週号を手にした皆さんの上に、幸運の星が降りますように…。いえ、きっと、降ります!(KM)

シライシさん自ら表紙文字を入れてくださった候補をずらり。文字を載せることを考えて、最終版では「恋と運命」という文字の背景のピンクを濃くしてもらいました!
シライシさん自ら表紙文字を入れてくださった候補をずらり。文字を載せることを考えて、最終版では「恋と運命」という文字の背景のピンクを濃くしてもらいました!