マガジンワールド


From Editors No.2013

From Editors
編集部リレー日誌

愛と情熱と即興と。
猫さま大賞はこうして作られる!
大好評を受けて、ついに第3弾となる猫特集。猫さま大賞も三回目を数えます。読者の皆様の膨大な応募のなかから、とっておきのショットを選んでいく作業は責任重大。人生であまり猫と絡んだ経験がないこの私が担当してよいものでしょうか…。

と、悩む必要はまるでありませんでした。というのも、編集部の猫大臣(?)として知られるMさんが一緒に担当してくれるから。Mさんは、過去2回とも大賞ページ&主要コンテンツを軒並み担当しているツワモノで、その溢れる猫愛は編集部随一。彼女と一緒なら、猫ビギナーの私だって千人力です!

選考では、編集部の上層部や担当班の編集者、審査員など、ananの”猫担”が見て投票します。そのために、応募写真をすべてチェックし、カテゴリ別に整理。さらに(猫さまの)名前を抽出するという作業があります。これは単純作業の積み重ねですので、時間はかかりますが、私でも戦力になれるので安心です。あ~、猫まみれ~。

受賞猫など大枠が決まると、今度はネタもののページを詰めていきます。今回で言いますと、ちょっとストーリー仕立てのところや、五輪のところ、番外編などです。これって、一体どうやって作るんでしょう? 「じゃ、やりますか」、Mさんが猫写真の出力をデスク一面に並べ、ざっと見渡したあとで、今度はなにやら付箋をつけながら並び替えていきます。「???」と、横で何となく見ているうちに――。できてる!? もう構成がほとんどできあがっています! こ、これは神業です!! お手上げです!

今回、大賞ページの作業を手取り足取りおしえていただき、作業フローは身についたものの、一番大事な部分の”匠の技”は、残念ながら継承することはできませんでした。これを会得するには、今後、猫三昧の毎日で鍛錬を積んでいくしかないものと思われます。精進したいと思います。(ES)

今回も大賞にはnekozukiのまんま台を進呈。夏の暑さにも負けず、どうぞガツガツお召し上がりくださいませ!
今回も大賞にはnekozukiのまんま台を進呈。夏の暑さにも負けず、どうぞガツガツお召し上がりくださいませ!