マガジンワールド


From Editors No.2014

From Editors
編集部リレー日誌

愛と根性の巻頭企画、保存版です。

毎号ご好評いただいている血液型特集。今回のテーマは、ずばり「相性」。
恋でも、仕事でも、友人関係でも…。どうすれば、もっとスムーズに、楽しく、気持ちよく過ごせるのか。そのヒントを探るべく、巻頭企画「あなたとあの人の“本当の相性”。」では、血液型に加えて「兄弟パターン」にも注目しています。
30年以上にわたりananの占い企画を手がける、G•ダビデ研究所のオフェリア・麗さんによると、「家庭は社会の縮図」。家族のなかで、どういった兄弟パターンで、どんな役割を担いながら成長したか。それによって、社会に飛び出てからの人間関係における、“立ち位置”が変わってくるのだそうです。
人の生まれ持った性質を明らかにする、血液型。それに、それぞれの家庭で後天的に育まれた性質を示す兄弟パターンをかけ合せることによって、あなたの本質を、そして人間関係をスムーズにするコツを導き出します。

特にご注目いただきたいのは、20ページにわたる巻頭企画の、ラスト2ページ。すべての血液型×兄弟パターンを網羅した、相性早見表をご用意しました。そのパターン、全部でなんと16×16=256通り!「◎、○、△、▲、×」の5段階で相性を示しつつ、一言アドバイスもついています。編集部からの無茶ブリに対して、すべて緻密に、丹念に書ききってくださった、オフェリア・麗さんには頭がさがるばかりでした…。
ちなみにわたくし編集Kは、「A型末子」。この特集の校了目前の最終確認中、隣のデスクに座る上司(O型長子)との相性をおそるおそる辿り……「○」とあるのを見て、胸をなでおろしたのでした。みなさんにも、ぜひ周囲の方々との相性をチェックして、より気持ちのいい人間関係をつかむヒントにしていただけたら、うれしいです。

そう!
うれしいといえば、実は今回、この企画で、編集者としての夢のひとつを実現させてしまいました。特集の扉から、各血液型×兄弟パターンの解説ページ、相性早見表……20ページにわたるイラストを、大ファンであるイラストレーターユニット「100%orange」のお二人にオファーしたところ、なんとご快諾いただけたのです!
雑誌『母の友』の表紙や、昨年公開の映画『母と暮せば』の題字をはじめ、幅広く活躍するお二人。あの、あたたかみと、そこはかとないユーモアのあるイラストが、ananの誌面上で……! 心待ちにしていたところ、イラストが到着。ぜひ本誌でご覧いただきたいのですが、4つの血液型の個性を表現した、たくさんの女の子があっちへこっちへ好き好きに行きかっている、今回の「相性」というテーマにぴったりなイラストで、感無量でした。
血液型や兄弟パターンなど、あえて類型化することによって見えてくる、人の性質。それらを通して日々のヒントを探すのがこの特集ですが、言わずもがな、人は、人それぞれの個性をもっています。みんなといっしょなんだけど、みんなとちがう。そんな人間の不思議で、複雑な“ありよう”を、楽しく、おかしく眺める、お二人のすてきな視線が感じられるイラストです。ひとりひとりのイラストのちがいを、ぜひゆっくり見てみてください。いつまでも見飽きません!(K)