マガジンワールド


From Editors No.2016

From Editors
編集部リレー日誌

全裸に見えるポーズを作るのは、頭の体操です!
「誰にも内緒の妄想全開! こんなセックスがしたい! したい!!」というグラビアページでの撮影を担当しました。こんな素敵なセックスをしてみたーい、という読者の、そして、はい、我々スタッフの妄想をかたちにするお仕事です。

とあるラブホテルの一室。女優さんと男優さんに様々なポーズをとってもらうのですが、シャッターをきるたび、モニターをチェック、「もうちょっと手で胸を隠してください」「下着をもうすこしずらせますか」「手前にシーツをちょっと置きましょう」などなど微調整を重ねます。そうです、安心してください。パンツちゃーんと穿いてますよ。

仕上がりは本誌ページをご覧いただくとして、うまくフレームできりとられた写真は、まるで穿いてないかのように見えるポーズのオンパレード。多少パンツが写っていたって、誌面上でトリミングすればいいとお思いかもしれませんが、撮影後に送られてきた膨大な写真はどれもちゃんと裸に見えるものばかり。神業か! (そのため、かなり無理な姿勢で撮影をしてくださったフォトグラファーのTOMMYさん。椅子から落っこちそうになったり…と、危ない場面も多々あったこと、その熱意に対する感謝の証として、ここにご報告いたします)

全裸に見えるポーズを作りだすのは、なにやら頭の体操のようで面白い経験でしたが、なにぶん現場はごく普通のラブホテルの一室。カメラに写りこまないよう、荷物を動かしたり、スタッフがかくれんぼよろしく身をひそめたり…というのもなかなか大変。

ちょっと大がかりに機材を動かすため、女優さんと男優さんにベッドの上で15分ほど休憩してもらっていたときに、二人が仲良くうたた寝していたのもまるで本当のカップルのようでほほえましい光景でした。(M)