マガジンワールド

身近な柄で運を操る、日本人の知恵に驚愕! From Editors No.2047

From Editors
編集部リレー日誌

身近な柄で運を操る、日本人の知恵に驚愕!
私の念が天に届いているのか、開運特集が担当することが多い私、編集Sです。毎回、名だたる開運の先生にお会いできるのは嬉しい限り!

今回はじめてお会いしたのが、開運和柄のページで取材をした富士川碧砂さん。富士川さんはもともと声優さんとして実績のある方で、現在は占い師と二足のわらじでご活躍中。特集では伝統的な和のモチーフが持っている開運メッセージについてお話を伺いました。

お会いしてご挨拶させていただくと、鮮やかにプリントされた和柄の名刺が素敵。そして携帯を見せていただくと、その待ち受け画面には和柄。スマホケースとネイルも和柄。非常に説得力を感じます!

日本古来の文化やシンボルにまつわるお話が面白く、知識も豊富なので、つい取材から脱線して色々お伺いしてしまう私。個人的に印象的だったのは、開運和柄がプリントされている身近なあるモノのお話。私たちが日常的に手にしている紙なんですが、なんだと思いますか?

答えは、“お札”。千円札には富士山と桜、一万円札には鳳凰などが刷られており、強い開運パワーを持っているのだとか。これを知っておくと、お守りを持ちあわせない非常時でも、お札が一枚あればなんとなくご利益がありそうで安心じゃありませんか? もちろん、困ったときには本当に役立つ、実用性のある紙ですし! たくさんあるといいですよね~(特に諭吉!)。まずは『商売繁盛』の効果を持った、和柄のお財布を買うところからはじめよう、と思っている私です。詳しい記事は本誌で! (S)
anan-editors-2047-3
取材の際に富士川さんがプレゼントしてくださった和柄の御朱印帳。ご実家の呉服屋さんで販売されているそうです。


アンアン No. 2047

開運レッスン

530円 — 2017.03.29
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2047 —『開運レッスン』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。