マガジンワールド


ananカラダに良いものカタログ「スクワティポティー」

ananからだに良いもの認定
file-118
スクワティポティー
¥6,780(税込み)
グローバルアジアパートナーズ
☎03・5843・8740
http://globalasiapartners.com/


スクワティポティー ¥6,780(税込み)グローバルアジアパートナーズ ☎03・5843・8740 http://globalasiapartners.com/
しゃがむ姿勢で毎朝快腸!
画期的な便秘解消アイテム。
和式トイレのスタイルが、実は便秘を解消してくれる?!  そんなセオリーを形にしたのが、アメリカ生まれの洋式トイレ用足置き台。トイレにセットするだけで、スクワットのようにしゃがむ姿勢が自然と取れ、スムーズな排便をフォローしてくれます。トイレでこの姿勢をキープできれば、薬やエクササイズに頼らなくても本来持っている排便力が蘇る!
カラダが硬い私もしゃがむ姿勢がラクに取れます。(25歳・デザイナー)しっかり出し切れて、毎日スッキリ。(36歳・商社)


POINT
“ちゃんと出る”姿勢は、90度じゃなくて、35度の角度でした!
普段洋式トイレで取りがちなのが、背筋を伸ばして座る、背骨と脚が90度になる姿勢。これでは、恥骨直腸筋が直腸を折り曲げてしまい、便の通りを阻害。特製の台に足を置けば恥骨直腸筋が緩み、直腸がほぼまっすぐになる、理想の35度の角度が取れる。元々人間が用を足していた姿勢に近い角度を作ることで、自然な排便が可能になるのだ。


恥骨直腸筋」を緩めて直腸を真っすぐにすることが、大事なんです。

便器に姿勢を正して座ると、恥骨直腸筋が部分的にしか緩まず、直腸がねじれ、便の通り道を十分確保できない。この状態では、いきまないと排便しづらくなる。排便時には恥骨直腸筋を緩めるのが鉄則。
\こんな解決法があったなんて~/


写真・多田 寛(DOUBLE ONE) スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・メイ・パクディ 文・板倉ミキコ