マガジンワールド

anan総研 今週のお題は「親友って?」。

 
anan総研 意識&行動リサーチ2015
お 題

親友って?

信頼度は彼氏以上!? 親友がいてよかった!
anan読者200人超で作る「anan総研」。
アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。
※会員は退会している場合もあります。
https://www.facebook.com/anansoken



Q 「この人は親友」と思う友だちがいる?

Q. 「この人は親友」と思う友だちがいる? A. YES 87%, NO 13%
持つべきものは友ってことで♡
9割近くが「親友がいる」と回答。しかし、その中でも“親友”の定義はさまざまなようで、「何でも話せる人」「尊敬できる人」といった意見や「一緒にいて気を使わない人」「自分の結婚式に呼びたい人」なども。なかには「相手の思考をほぼ把握できています」という自信満々なコメントも!



今週のanan総研メンバー
No.080 浅井裕美さん(30歳)浅井裕美さん

大学院生。親友の結婚式に向け、サプライズムービーを制作中。いつか地元の親友全員に彼氏ができたら、みんなで沖縄旅行するのが夢です!


No.063 尾谷 萌さん(27歳)尾谷 萌さん

総務。誕生日は仲のいい女友だちと過ごすのがマイルール。親友が10人近くいるので、ほぼ毎月のように誕生日会を催しています(笑)。


No.081 李 孔美さん(30歳)李 孔美さん

投資家。先日、親友と占いに行ったら「守護神レベルで相性がいい」と言われました! 親友が好きすぎて、結婚式の司会をしたことも。



たまにケンカしても、元通りになれるのが“親友”。

 突然なんだけど、“親友”と“普通の友だち”の違いって何だと思う?
尾谷 それ、すごく難しい質問だね(笑)。確かに、親友の定義ってなんだろう…。
浅井 私は地元の友だちと大学の同級生でそれぞれ「この人は親友だな」と思う人がいるけど、みんなに共通するのは、“楽しい時だけじゃなくて、辛い時も一緒にいてくれる”っていうことかな。実は私、大学を卒業する頃にちょっと体調を崩してしまったんだけど、その時に私の様子を心配した地元の親友がわざわざ東京まで会いに来てくれたことがあって。
 え、地元ってどこなの?
浅井 愛知だよ。新幹線に乗って駆けつけてきてくれたの。
尾谷 やさしい!
浅井 当時は本当に心強かったな。一生かかってでも恩返しができればなって思ってる。
尾谷 私が思う親友は、“自分のダメな部分をわかってくれている人”かな。お互いにダメ出しができる関係っていうか。「メールの返事が遅い!」とか、男性関係のことでも言われたことあるし(笑)。でも、ダメ出しされても全然ムカついたりはしなくて、むしろ愛を感じるから「もっと言って!」って感じ。
 それ、同感。最近私がすごくハッとしたのは、親友に「孔美って悪い子じゃないけど、いい子でもないよね」って言われて(笑)。自分でも「まさに仰るとおり!」って思ったから、逆にそう言ってもらって肩の荷がおりたんだよね。いいことも悪いことも含めて、自分以上に私のことわかってくれてると思う。
浅井 親友とケンカはする?
尾谷 滅多にしないかな。でも昔、私にアプローチしてきていた男の人が親友となんかあったらしく…(笑)。その時は1〜2年くらい疎遠になっちゃったな。今となっては笑い話だけど!
 私も学生時代、親友と好きな人がかぶったことがあるよ。結局二人とも、別々のタイミングでその人と付き合ったけど、全然気まずくはならなかった。
浅井 むしろ、その男の人がすごいね…(苦笑)。
尾谷 やっぱり、何があっても関係が切れないのが“親友”なのかも。たまにケンカしても、次の日には普通にLINEが来たり。ちょっとしたマイナスくらいじゃ嫌いにならないのは、どちらかといえば家族に近いイメージなのかも。
浅井 確かに。彼氏はいつ離れていくかわからないし(笑)。持つべきものは一生の親友だね!

 
写真・森山祐子 文・瀬尾麻美