マガジンワールド

今週のお題は「デイリー節約術」。anan総研 2057号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2017
お 題

デイリー節約術

こんな時代だからこそ。“楽しく節約”の極意って?
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken.


Q 今、節約をしていますか?

Q.今、節約をしていますか? A.はい! 76%、いいえ 24%
基本はいつも節約、が大半。
4人中3人以上の総研メンバーが節約していると回答。なかには「物心ついた頃から“基本は節約する”ということが当たり前」という声も。昨今の不安定な経済状況は、アラサー女子の金銭心理にも影響している模様。



今週のanan総研メンバー
No.142 高木晴香さん(34歳)
高木晴香さん
診療放射線技師。夏休みは西表島に行く予定です! 昨年行った時は台風で大荒れの天気だったので、今年こそはキレイな海を見るべく祈るのみ!
No.253 井上カオリさん(28歳)
井上カオリさん
デザイナー。最近は海外サプリに興味津々! 夜な夜なオンラインショップで美容系の高品質な商品を探すのにハマっています。
No.129 木下美桜子さん(28歳)
木下美桜子さん
アルバイト。anan総研メンバー仲間におすすめされたカリブ海のリゾート、カンクン。8月に新婚旅行で訪れるのが今から楽しみです!



心は豊かに地道に節約、が正解です!

木下 総研メンバー、予想以上に堅実! みんなちゃんと節約しているんだね。
高木 生まれた頃から不況、不況、って言われてきた世代だからね。節約することが当たり前だと思っているよね。
木下 二人は具体的にどんな方法で節約している?
井上 ケチケチするのは嫌だから、メリハリはつけているよ。例えば、通勤服は量販店、メイクもプチプラのもので支出を控える。代わりにお出かけ時には奮発した洋服やメイクアイテムを投入してみたり。
木下 洋服は金額が大きいから節約できると大きいよね。私も割引される展示会で購入してみたり、もう着なくなったものはフリマやアプリで売ったりするようにしているよ。
高木 フリマアプリはここ数年で使う人がかなり増えたよね。私は移動が多い日は地下鉄の一日券を買ったりしているかな。
木下 地下鉄の一日券は賢い! それやってみようかな。私は極端に寒かったり暑かったりする日以外は、3駅くらいなら平気で歩いちゃう。
高木 3駅はすごいね! ダイエットにもなりそう。毎日の積み重ねが、1年後、2年後に大きな違いになるんだよね。
井上 そうそう。2年前に歯列矯正を終えたんだけど、それが実現できたのも毎日の節約のおかげ。3年で節約して貯めた100万円を思い切って使って、治療をして満足!
高木 すごい! 最近は老後の生活のことも心配しはじめていて…。定年退職後に楽しい人生を送りたいから、旦那と共に退職後のための節約をしなきゃな〜と思っているところ。
木下 節約することって、毎月いくら貯めたいっていう金額を設定することも大切だけど、その先の将来のやりたいことや楽しみを明確にすると、実現しやすいよね。
井上 そうだね。節約って「日々できる未来への投資」だと思う。無駄をなくして、使う時には使うようにして、無理のない節約をすれば、それは未来を豊かにすることにつながるから。
高木 心のゆとりにつながるよね。節約することで安心感が生まれるから。ある意味自己満足でもあるんだけどね(笑)。
木下 でも人付き合いを節約するのは反対!
井上 それは私も同意。心が豊かであるためにも、そこには投資すべきだよね。
高木 節約と投資。このバランスが大切だね!
 
写真・水野昭子 文・薮内加奈
アンアン No. 2057

どきどきするきもち(通常版)

550円 — 2017.06.14電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2057 —『どきどきするきもち(通常版)』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。