マガジンワールド


FOOD NEWS vol.15 平野紗季子のMY STANDARD GOURMET『King George』の「The King George」サンドイッチ。

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.15
平野紗季子のMY STANDARD GOURMET
『King George』の「The King George」サンドイッチ
中・2人で分けてもちょうどいいボリューム感!「The King George」¥1,200(アボカドトッピング+¥200、BBQソース+¥100) 右・ジーヴァイントニック¥800 左・グリーンスムージー¥700
中・2人で分けてもちょうどいいボリューム感!「The King George」¥1,200(アボカドトッピング+¥200、BBQソース+¥100) 右・ジーヴァイントニック¥800 左・グリーンスムージー¥700
 
サンドイッチは軽食? 『King George』に出合ったらそんなことは言えなくなる。このサイズ感。大口をあけてやっと頬張るサンドイッチは、思いっきり食欲を受け止めてくれる。バリバリ弾けるレタスにコクのあるプロボローネチーズ、優しい旨味のターキーとさらさらのマヨネーズ。その全部を包む、さっくり焼いた香りのいいライ麦パン。うーーーん、唸るしかない、お店自慢の「The King George」サンドイッチです。 

存在感はすごいのにぱくぱく食べれてしまう不思議は、ヘルシーで軽やかだから。お肉はターキーをふんだんに使う。オーナー夫婦のユアンさんとフランセスさんは海外で過ごした時間が長く、そんなサンドイッチと一緒に育った。日本ではなかなか巡り合えないからこそ、〝バーでおいしいサンドイッチを食べれたら〞というシンプルな思いでこの店は始まった。
 
マニュアルなんてなんにもないから、メニューや内装も、いいと思った方向にどんどん変わっていく。まるで街や人の空気を吸いながら自然と育っていくようだから、こんないい店が生まれるなら、代官山もきっといい街に違いない。すがすがしいサンドイッチと自由な空気。昼も夜もここは気分がいい。だから『King George』には自然と人が集う、そんな特別な場所になっている。

ひらの・さきこ 1991年生まれ。食ブロガー。著書にエッセイ集『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)。
 
King GeorgeKing George
東京都渋谷区代官山町11- 3 渋谷不動産ビル2F 
☎03・6277・5734 
11:30~16:00、19:30~23:00LO(日曜11:30~20:00LO ) 
月曜休 バーのみの利用も歓迎。www.crownedcat.com


写真・清水奈緒 文・平野紗季子