マガジンワールド


FOOD NEWS vol.34 chicoのお菓子な宝物。『アンリ・ルルー』のビュッシュ デクリネゾン チュアオ

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.34
chicoのお菓子な宝物
『アンリ・ルルー』のビュッシュ デクリネゾン チュアオ
ビュッシュ デクリネゾン チュアオ¥10,000 クリスマスを彩る2つのお菓子がまさかの合体。しかも希少なチュアオショコラづくしとは、幸せすぎます。
ビュッシュ デクリネゾン チュアオ¥10,000 クリスマスを彩る2つのお菓子がまさかの合体。しかも希少なチュアオショコラづくしとは、幸せすぎます。
 

お菓子の家なんて、ただでさえワクワクするのに、『アンリ・ルルー』の新作には、さらなる楽しみがいっぱい。ヘクセンハウスならジンジャーブレッド製が定番だけど、そこは「アンリ・ルルーはショコラティエだから」の心意気、全部ショコラでできている(もちろん、キャラメリエであるのもご存じの通り)。でも驚くのはここから。屋根がパカッと外れて、艶やかなビュッシュ・ド・ノエルが現れるのだ。こんなビュッシュ見たことない!

しかも、ふんだんに使っているのは世界でも希少なカカオ、ベネズエラ産「チュアオ」のショコラ。尾形シェフはチュアオを、ごくエアリーなムースに、クレームブリュレに、ガナッシュに……7つのパーツに変えて重ねた。「〝チョコレートのロマネコンティ〞とよばれるチュアオの香りをとことん楽しんでもらう裏ワザです」。なるほど、口にしたとたん、ふわりと消えるムースがいち早くフローラルな香りを運び、各パーツが次々と新鮮な香りを放つ。最後に刻んだタブレットがとろけだすと、フルーティで優雅な香りにすっかり包みこまれてしまった。その心地よい余韻にひたりつつ、美しいショコラの家をすぐ食べてしまうかしばし飾るか、迷うのもまた幸せ。お楽しみはまだまだ続くのだ。

チコ スイーツライター。大人気のガイド本『東京の本当においしいスイーツ探し』(ギャップ・ジャパン)シリーズ監修。
 
アンリ・ルルー
東京ミッドタウン店

東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ガレリアB1 
☎03・3479・9291
11:00~21:00(カフェはフード20:00LO、ドリンク20:30LO) 
休日は施設に準ずる

※ビュッシュ デクリネゾンチュアオは予約受け付け中、予定数に達し次第終了。受け取り12/22~25。伊勢丹新宿本店でも取り扱いあり。ショコラの家も日持ちはしないのでお早めに。


写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 構成・野村紀沙枝 文・chico