マガジンワールド


FOOD NEWS vol.45 真野知子のおいしいギフト 『souen 櫻井焙茶研究所』の日本茶

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.45
真野知子のおいしいギフト
『souen 櫻井焙茶研究所』の日本茶
左から、ごぼうほうじ茶〈ごぼう(熊本産)+ほうじ茶(静岡産)〉50g¥1,300 てん茶茎ほうじ茶(京都宇治産)50g¥830 ブレンド茶〈柚子(徳島産)+スペアミント(青森産)+やぶきた(鹿児島産)〉50g¥1,800
左から、ごぼうほうじ茶〈ごぼう(熊本産)+ほうじ茶(静岡産)〉50g¥1,300 てん茶茎ほうじ茶(京都宇治産)50g¥830 ブレンド茶〈柚子(徳島産)+スペアミント(青森産)+やぶきた(鹿児島産)〉50g¥1,800
 

西麻布の路地裏に昨年末ひっそりとオープンした日本茶専門店『souen 櫻井焙茶研究所』。店主である櫻井真也氏は、『八雲茶寮』や『HIGASHIYA』の元マネージャーという経歴。店内にある焙煎機で店主自ら焙煎するこだわりに、品質の高さが窺えます。印象的なのは、日本茶と季節に合わせたフリーズドライ果実をマリアージュさせたもの。まるでハーブティーのような感覚で飲める、新しい日本茶のスタイルを提案。私が惹かれたのは、春らしい色合いの「柚子+スペアミント+やぶきた」の組み合わせ。一煎目は茶葉本来の渋みがほんのり前に出る。二煎目は柚子の香りが引き立ち、三煎目でみごとに調和し、まろやかでスッキリ。口に含むたびに風味の変化が愉しめる。このブレンドとローストをベースに、季節の巡りを感じるお茶を生み出すのが櫻井氏ならではの魅力。

また興味深いのは、ほうじ茶の種類の豊富なこと。産地の違う茶葉の中でも特に珍しいのは「てん茶茎ほうじ茶」。抹茶に使われるてん茶の茎を焙煎し、低めの温度でじっくり淹れると渋みのない独特の旨味が広がる。ごぼうの土っぽさが芳しく香るのは「ごぼうほうじ茶」。それぞれの深い味わいと余韻に静かに感動してしまう。季節ごとに贈りたい逸品です。

まの・ともこ ギフトコンシェルジュ。
著書『大切な日のためのギフト・マニュアル』(マーブルブックス)好評発売中。
 
souen櫻井焙茶研究所
東京都港区西麻布3-16-28 ル・ベイン1F 
☎03・5786・0024 11:00~19:00(茶房は平日23:00まで営業) 月曜休 
http://www.sakurai-tea.jp 
※パッケージはリニューアル予定。


写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 構成・野村紀沙枝 文・真野知子