マガジンワールド


FOOD NEWS vol.52 犬養裕美子の今日、どこで何、食べる? 『Celaravird(セララバアド)』の高原の春

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.52
犬養裕美子の今日、どこで何、食べる?
『Celaravird(セララバアド)』の高原の春
¥6,800のおまかせコースは10皿前後の料理に小さなデザート4種前後。写真の皿は4、5月の料理の2、3皿目に出る予定。予約時に「ananで掲載された料理はありますか?」と確認を。
¥6,800のおまかせコースは10皿前後の料理に小さなデザート4種前後。写真の皿は4、5月の料理の2、3皿目に出る予定。予約時に「ananで掲載された料理はありますか?」と確認を。
 
これ、何に見えます? まるで花で表現するアート作品。でも、これはその横にちょこんと添えられた小さな器に入った〝花びらのサラダ〞が主役なのだ。ちなみにコロンとしたガラス器の中には、菜の花(食べません)。その縁には5㎜角にカットした赤と黄色のビーツのピクルス(食べられます)。くぼみにはフロマージュ・ブラン、クランベリーのジュース、はちみつ、レモンのジュース、ローズウォーターを泡状にしたもの(味わってください)。表面には少し甘味を付けて乾燥させた花びらが散らしてある。ただしこれはサラダをいただくためのドレッシング。主役は5種類のハーブや花の花びらをドライにした花びらだけのサラダ。小皿に盛られているが、香りや薄く柔らかくしなやかな食感は、どうして今までこんなに繊細な〝素材〞を意識して食べなかったのかが悔やまれるほど。「ほんのり甘い味はデザートか前菜か悩むけど、やっぱり食事の前半で」と橋本宏一シェフ。大胆な発想は、スペインで現代料理を学んだから。6800円のコースには10皿前後の料理と4種前後のデザートが出てくるが、どれも一口サイズなので意外にすっきり食べられる。美しい料理はダイエット食品になる?

いぬかい・ゆみこ レストランジャーナリスト。東京を中心に、国内外の食文化、レストラン事情をレポート。
 
CelaravirdCelaravird
東京都渋谷区上原2-8-10 TWIZA上原1F 
☎03・3465・8471 
18:30~ コース19:00一斉スタート 月曜休(月に2回火曜休) 
エントランスのガーデンや、奥の席の窓から見えるお庭も素敵。
写真・芹澤信次(Rooster) 取材、文・犬養裕美子