マガジンワールド


FOOD NEWS vol.65 真野知子のおいしいギフト 『八雲茶寮(やくもさりょう)』の手延べ玉素麺

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.65
真野知子のおいしいギフト
『八雲茶寮(やくもさりょう)』の手延べ玉素麺
竹籠に入った姿も涼やかな、手延べ玉素麺(6玉入り)¥3,996*税込み。無農薬栽培の小麦を使い天然塩、古式製法の圧縮油で仕上げたのど越しのよい素麺。お好みの麺つゆと薬味でどうぞ。
竹籠に入った姿も涼やかな、手延べ玉素麺(6玉入り)¥3,996*税込み。無農薬栽培の小麦を使い天然塩、古式製法の圧縮油で仕上げたのど越しのよい素麺。お好みの麺つゆと薬味でどうぞ。
 

夏真っ盛り。日本の夏を感じる食べ物といえば、やっぱりツルッとしたのど越しの素麺。大人にも子供にも馴染みのあるものは、季節のご挨拶にも人気です。だからこそ、ひと味もふた味も違うものを贈りたくなりませんか? そんな欲望を叶えてくれるのは、都会のカオスから離れ、凛とした空気と時間が流れる和食料理屋『八雲茶寮』。亭主の美意識が凝縮され、細部にまでこだわり抜いた世界観を体験できる隠れ家です。おもたせとして季節限定販売されている「玉素麺」は、籠に入った品のある装い。封を開けると、想像を超えた感動が待ち受ける。まず、手のひらに収まるほどの美しい丸曲げ状の麺が姿を見せる。まっすぐな状態の麺をイメージしていると見事に裏切られるフォルム。これは、細く、長く、丸〜くご縁が繋がりますようにと、ひとつひとつ職人の丁寧な手仕事による技。その産地は長崎県島原。製麺工場のご主人自らが無農薬栽培した小麦を使い仕上げた最高級の手延べ素麺。少し生成りがかった麺を茹でると、とても艶やか。縒(よ)りをかけながら麺を延ばすのが、驚くほど弾力のある強いコシのもとに。もちもちとした食感も特徴的。風味豊かな薬味を加えていただくのもよし、ちょっと贅沢にすっぽんスープと楽しむなんてのもよし。

まの・ともこ ギフトコンシェルジュ。
著書『大切な日のためのギフト・マニュアル』(マーブルブックス)好評発売中。
 
八雲茶寮
東京都目黒区八雲3-4-7 ☎03・5731・1620 9:00~17:00 日・祝日休 茶房では季節の生菓子をはじめ、お茶、甘味、お酒が愉しめる他、朝膳(11:00LO)も。昼懐石は¥5,000~(12:00~15:30〈13:30LO〉、月曜休)。


写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 文・真野知子