マガジンワールド


FOOD NEWS vol. 106 chicoのお菓子な宝物。『choux d’enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)』のシュークリーム

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.106
chicoのお菓子な宝物
『choux d’enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)』のシュークリーム
パリと同じショコラ、キャラメル、アグリュム(柑橘)に、日本限定のカスタード、抹茶、5月末までのさくらの全6種が入るシュークリーム詰め合わせ、グルマン680円。専用BOX付き。ほどよい皮の塩気もいい感じ。
パリと同じショコラ、キャラメル、アグリュム(柑橘)に、日本限定のカスタード、抹茶、5月末までのさくらの全6種が入るシュークリーム詰め合わせ、グルマン680円。専用BOX付き。ほどよい皮の塩気もいい感じ。
 
パリにアラン・デュカス監修のシュークリーム専門店ができた。しかも屋台! そんなニュースが飛び込んできたのは一昨年のこと。フランス料理界の奇才と名高い彼にとって、シューは幼い日々を思いだす、ちょっと特別なお菓子なんだとか。愛すべきノスタルジックなシュークリームはスタイリッシュな屋台を舞台に、たちまちパリっ子たちを虜にしてしまった。

そんな『シュー・ダンフェールパリ』(=パリのシュークリーム地獄!)がついに日本上陸。新宿のエキナカに、パリと同じく工房一体のおしゃれブティックが現れた。ここで焼き上げられる小ぶりのシュー生地は、あられ糖やローストナッツが散らされどこまでもクリスピー。注文に合わせて香ばしい皮に自家製クリームがパンパンに注入される。できたそばから頬張ればカリッ、とろーり。クリームが口いっぱいに溢れ、閉じ込められていた香りがパッとわき立つ。そこには素材を敬うアラン・デュカスさんの哲学が息づいていて、たとえばアグリュム(柑橘)のクリームならレモンやオレンジの果肉、ピールはもちろん、普段食べない白いワタ部分まで丸ごと使うから、心地よいビターさもジューシーな香りも柑橘そのもの! 濃密に蕩けるふた口の贅沢、がぶりとどうぞ。

チコ スイーツライター。大人気のガイド本『東京の本当においしいスイーツ探し』(ギャップ・ジャパン)シリーズ監修。
 
choux d’enfer PARIS
NEWoMan 新宿店

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan エキナカ ☎03・3354・2181 8:00~22:00 休施設に準ずる


写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 文・chico