マガジンワールド


FOOD NEWS vol.108 犬養裕美子の今日、どこで何、食べる? 『蓮香(れんしゃん)』の中国辺境料理コース

FOOD NEWS
  • RESTAURANT _ 犬養裕美子
  • GIFT _ 真野知子
  • SWEETS _ chico
  • NEW STANDARD _ 平野紗季子
vol.108
犬養裕美子の今日、どこで何、食べる?
『蓮香(れんしゃん)』の中国辺境料理コース
おまかせコース(¥5,900)より、前菜3種(あわび茸のスパイス揚げ、雲南名物樹花菜の香り和え、細モヤシミント西双版納サラダ)、麹漬け唐辛子入りオムレツ、豆腐の空豆唐辛子味噌煮込み麻婆仕立て。
おまかせコース(¥5,900)より、前菜3種(あわび茸のスパイス揚げ、雲南名物樹花菜の香り和え、細モヤシミント西双版納サラダ)、麹漬け唐辛子入りオムレツ、豆腐の空豆唐辛子味噌煮込み麻婆仕立て。
 
好奇心旺盛な乙女に告ぐ。付き合って間もない彼と二人でこの店に来てはいけない。“中国辺境料理”に反応したあなたは間違いなく、ここの料理にいちいち「お〜っ」と賛同の意を表明したくなるはず。でも、なんとなくついてきた彼はちょっと驚くかも。見た目はそっけない家庭料理風だけど酸味、苦味、辛味など克服すべきハードルがある。さらに食感、香り、すべてが、フツーの中国料理とは違うのだ。というのもオーナーシェフ小山内耕也さんは年に2回は中国各地をまわって、まだ日本に紹介されていない料理や発酵食材や素材の組み合わせを勉強してくる。この5月にも行ったばかり。「今回はキノコの産地として有名な雲南省シャングリラ市。黄色いポルチーニや松茸がありましたよ」。毎回、新しい発見があり、メニューも刷新される。「木の皮を乾燥させた乾物“樹花皮”を発見、苦味もあって面白い食感です」

おまかせコースは基本11品。人数が多くなるほど、品数が増える仕組み。まず、彼にもこの味に慣れてもらうことも大事だし、この料理に興味を示す人を集めて来なくちゃ! やっぱり、おいしい料理を同じように感じられる人とわいわいテーブルに着くほうが幸せだよね!

いぬかい・ゆみこ レストランジャーナリスト。東京を中心に、国内外の食文化、レストラン事情をレポート。
 
蓮香蓮香
東京都港区白金4-1-7 ☎03・5422・7373 18:30~23:00(21:00LO、ドリンクは22:00LO) 不定休


写真・清水奈緒 取材、文・犬養裕美子