マガジンワールド


世界一の美女の創りかた (イネス リグロン 著)

2007ミス・ユニバースの栄光は
ひとりのフランス人女性の信念によって、日本にもたらされました。
イネスが森理世を変えたのは、外見のみではありません。
美の新たな世界基準という、イネスのコンセプトが、
森理世という類まれな素材に、全てつぎ込まれたのです。
イネスは言います。
「美はすでにあなたの中にある。ただ、その美は眠っているだけ」と。

ミス・ユニバース世界大会に出場するには、まず日本代表になる必要があります。
前年秋に数千人の応募者から10~15人に候補者(ファイナリスト)が絞られ、
さらに半年をかけて、イネスにより、内と外から徹底的に磨かれていくのです。
翌春、ファイナリストたちは別人のように洗練され、美しく変身して、登場します。
視線ひとつにも、自信と魅力が満ちています。
そのファイナリストの中から、日本代表1名が選ばれるのです。

本来は、ファイナリストにしか明かされない、
イネス・マジックの数々が、この1冊に集約されています!

●本文より
私は女の子たちを朝の通勤ラッシュでごったがえす駅へ連れて行きます。
「今、あなたたちはまだこの中のひとりよ。でも私と一緒にトレーニング期間を
過ごして鍛えれば、半年後には駅の大きな広告をあなた達の中の誰かが飾ってい
るでしょう」と告げるの。
美しいドレスやアクセサリーが差し出されるのと、満員電車に揺られる暮らし
と、どちらを選ぶか、と。
 
私は世界大会に向かう前の森理世に「あなたがミス・ユニバースになるのよ」
と、言い続けました。さらに、「もしミス・ユニバースになったら?」とその先
までイメージをさせたの。

自分がどれくらい魅力的な人間なのかを語るなんで、日本では「自惚れている」
と言われるでしょうね。
でも世界に出てみれば何も卑下させることではありません。

今年のミスユニバース優勝・森理世、昨年の準優勝・知花くららを育て上げたのが、ミス・ユニバースナショナルディレクター・イネス・リグロンというフランス人女性。“美”に関して一切の妥協を許さない厳しさをもち、日本代表を世界の栄冠に導いた。フィジカル面、メンタル面、ファッション面にいたるまで、イネスが初めて明かす、「美しくなるためのイネスマジックの全貌」の秘密を初公開。

『世界一の美女の創りかた』
  イネス リグロン 著

ページ数:168頁
ISBN:9784838718337
定価:1,620円 (税込)
発売:2007.12.11
在庫:在庫あり
ジャンル:実用

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入




Related Books イネス リグロン《関連本》