マガジンワールド

世界がもし100人の村だったら 完結編 (池田 香代子 編 マガジンハウス 編)

世界がもし100人の村だったら 完結編

— 池田 香代子 編 マガジンハウス 編
  • ページ数:112頁
  • ISBN:9784838719365
  • 定価:1,296円 (税込)
  • 発売:2008.12.18
  • ジャンル:文芸
『世界がもし100人の村だったら 完結編』 — 池田 香代子 編 マガジンハウス 編

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

●内容紹介
「100村」が発刊されて7年。この間、世界の動向も地球温暖化、新興国の台頭など、よりグローバルかつ多極的な様相が顕著になってきた。本書は、国連の2015年をターゲットにした「開発目標」(全地球レベルのさまざまな改革計画)を含んだ、未来にむけた「100村」完結編。本文デザインはイラストでなくテーマにふさわしい世界の写真を添え、イメージを大幅刷新。
 本編の内容も「進む都市化」「若者の失業」「地球温暖化」「二酸化炭素」「再生可能エネルギー」「災害」など、新規項目で構成。未来予測も随所に加え、「2015年までに世界はなにをなすべきか」解説。また「世界を変える人びと」「グッド・ニュース」など、希望に満ちた持続的社会のための活動を報告するコラムも充実。
 シリーズ160万部の「100村」はついに完結! 「現代の民話」から、希望ある未来にむけたノンフィクションになった!
<もくじ>
世界がもし100人の村だったら 完結編 <本編>
2015年までに世界はどうよくするのか? 「国連ミレニアム開発目標」8つの目標2025年までに世界を変える――ジェフリー・サックス(NY)インタビュー     
A Story of Tuoi at Hanoi in Vietnam 文/池田香代子 協力/国連人口基金 
世界を変える人びとCHANGEMAKER10 渡邊奈々(NY在住写真家) 
Good News 世界はもう変わり始めている