マガジンワールド


絶頂美術館 (西岡 文彦 著)

●内容紹介
海上に横たわるヴィーナスの足指が反り返っているのは、なぜ? 絵画の謎解きブームの仕掛け人による、極上の名画鑑賞術。雑誌「クリーク」で好評連載された「絶頂美術館」を下敷きに、ヨーロッパ絵画のエロティック・アートの数々を、著者独自の視点でわかりやすく解説。名画に詳しい人も、そうでない人も、絵に込められた画家の思惑に納得し、西洋文明の極意を知ることができる、超一級の知的エンターテインメント・エッセイ。 カバネル「ビーナスの誕生」、クリムト「ユーディット」、ゴヤ「裸体のマハ」などの絵画を紹介する。

●著者紹介
にしおかふみひこ。版画家・美術評論家・多摩美術大学准教授。1952年生まれ。
日本古来の伝統的版画技法「合羽刷り(かっぱずり)」の数少ない後継者のひとり。編集者、デザイナー、プロデューサーとしても活躍。テレビ東京「アートに恋して」のメインキャスターとしても名を馳せた。

『絶頂美術館』
  西岡 文彦 著

ページ数:224頁
ISBN:9784838719402
定価:1,728円 (税込)
発売:2008.12.18
在庫:在庫あり
ジャンル:芸術

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入



絶頂美術館