マガジンワールド


ダイオウイカは知らないでしょう (西 加奈子 著 せきしろ 著)

●内容紹介
気鋭の作家、西加奈子とせきしろのふたりが、五・七・五・七・七のリズムにのって、常識ハズレの短歌道に挑みます。雑誌「anan」で一年半続いた人気連載『短歌上等!』が待望の書籍化! 
 三十一文字に秘められためくるめく妄想と物語は味わい方も無限大。歌人の穂村弘氏をはじめ、サンボマスター山口隆、ミムラ、山里亮太、ともさかりえ、星野源、光浦靖子、いとうせいこう、山崎ナオコーラほか音楽界、女優界、お笑い界、文学界など各界からの個性豊かな14人のゲストたちとともに言葉遊びの世界を自由自在に大冒険! 俵万智氏も驚いた”規格外の名歌”が続出です。なんだか……短歌?
●著者紹介
・西加奈子(にし・かなこ)
1977年テヘラン生まれ、カイロ・大阪育ち。04年『あおい』でデビュー。2007年『通天閣』で織田作之助賞受賞。著書に『さくら』、『きいろいゾウ』、『こうふく あかの』、『こうふく みどりの』(小学館)、『通天閣』(筑摩書房)、『しずく』(光文社)、『窓の魚』(新潮社)、『うつくしい人』(幻冬舎)、『きりこについて』『炎上する君』(角川書店)が。また、エッセイ集に『ミッキーかしまし』『ミッキーたくまし』(筑摩書房)、絵本に『絵本きいろいゾウ』(小学館)がある。東京在住。
・せきしろ
1970年北海道生まれ。文筆家。06年、初のエッセイ集『去年ルノアールで』(マガジンハウス)を上梓。喫茶店に集う人々を観察しながら妄想を繰り広げる独特の文体が話題となる。07年、『去年ルノアールで』ドラマ化の折には自らも脚本に参加し、ドラマ版公式ブック『去年ルノアールで 田端店』(からしま+おおね共著/マガジンハウス)では続編16本を書き下ろした。ほかに『不戦勝』(マガジンハウス)『妄想道』(角川書店)、又吉直樹氏との共著『カキフライがないなら来なかった』(幻冬舎)がある。

『ダイオウイカは知らないでしょう』
  西 加奈子 著 せきしろ 著

ページ数:232頁
ISBN:9784838721917
定価:1,512円 (税込)
発売:2010.10.28
在庫:在庫あり
ジャンル:詩・俳句

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入



ダイオウイカは知らないでしょう