マガジンワールド


風にもまけず粗茶一服 (松村 栄子 著)

●内容紹介
小次郎だって武蔵だって、きっとこんなところで人知れず修練したにちがいない。男には、そんな孤独な時間が必要なんだよな。ああ、なんか、今、俺、カッコイイかも。(本文より)
ようやく茶の湯に目覚めた友衛遊馬(19歳)が目指したのは、なぜか比叡山延暦寺の一山〈天鏡院〉。お茶嫌いの住職がいるとも知らず、武家茶道家元後嗣の遊馬はその門をくぐるが…。青年茶人が茶の湯に挑む大傑作青春エンターテインメント。
●著者紹介
松村栄子(まつむら・えいこ)
1961年静岡県生まれ。筑波大学第二学群比較文化学類卒業。1990年に『僕はかぐや姫』で海燕新人文学賞、1992年に『至高聖所(アバトーン)』で芥川賞を受賞。主な著書に『あした、旅人の木下で』『生誕』『雨にもまけず粗茶一服』やファンタジー作品『紫の砂漠』『詩人の夢』、エッセイ集『ひよっこ茶人の玉手箱』『京都で読む徒然草』などがある。

『風にもまけず粗茶一服』
  松村 栄子 著

ページ数:344頁
ISBN:9784838722198
定価:1,620円 (税込)
発売:2010.12.09
在庫:在庫あり
ジャンル:小説

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入



風にもまけず粗茶一服

 

Related Books 松村 栄子《関連本》