マガジンワールド


みんなの沖縄美ら海水族館 (垂見おじぃ健吾 企画/撮影 かいはたみち 編集/文 沖縄美ら海水族館 監修)

●内容紹介
 沖縄の海を再現した世界最大級の水族館「沖縄美ら海水族館」には、「世界初」「世界一」が盛りだくさんのマリンワールドが広がる。たとえば、
・ジンベイザメは世界最長飼育記録を更新中!
・ナンヨウマンタの飼育と繁殖に世界初成功!
・バンドウイルカ<フジ>の人工尾びれの話は映画化にも。
・生きたサンゴ(約70種800群体)の大規模飼育に世界初成功!
・世界に8種類いるウミガメのうち5種類に出会える。
・魚たちの健康管理のために国内の水族館として初めてCT機器を導入。
・この水族館で放流したウミガメが2年かけて太平洋を渡った。
・沖縄の海を再現した水槽に200種類の熱帯魚が暮らす。
・宝石サンゴをはじめ、深海生物の飼育では世界トップレベル。
「館内MAP」「イベントスケジュール」の付録もついて、各展示フロアの紹介からお魚ガイド、スタッフのお仕事図鑑まで、水族館の魅力をあますところなく伝える。沖縄在住のベテラン写真家・垂見健吾氏の写真も圧巻!
[目次]
1.めんそーれ! 沖縄美ら海水族館
2.美ら海の神秘を体験 スペシャルフロアガイド
3.人気者から美味しい魚、危険生物まで 人気お魚ガイド
4.知られざる美ら海に潜入! 水族館の舞台裏
5.みんなの憧れ! 美ら海お仕事図鑑

●著者紹介
垂見おじぃ健吾
1948年長野県生まれ。那覇市在住。沖縄、日本、世界各地を舞台に写真撮影の旅を続けている。沖縄フラッグ、JTA機内誌『Coralway』の写真撮影を25年にわたり担当。人が好きで海が好きで島が好きで、シマ~(泡盛)が大好きなおじぃ。著書に、『やさしいオキナワ』(文・池澤夏樹、PARCO 出版)、『なんくるなく、ない』(文・よしもとばなな、新潮文庫)、『風に聞いた話』(文・三枝克之、角川書店)、『ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし』(文・辺銀愛理、マガジンハウス)などがある。

かいはたみち
編集者・ライター。ニュージーランド、東京での出版社勤務を経て、沖縄へ移住。「沖縄スタイル」にて本誌のほか、『沖縄安宿ガイド』『オキナワ本』を刊行。現在は「沖縄タイムス」にて、農業、漁業、地域振興をテーマにした連載「かなさうちなーむん」を執筆中。著書に、アメリカ横断記『ジョーシュアの木の下で』(観覧舎)、『インド共和国がよーくわかる本』(秀和システム)、『沖縄ナチュラルライフ』(近代美術)などがある。

『みんなの沖縄美ら海水族館』
  垂見おじぃ健吾 企画/撮影 かいはたみち 編集/文 沖縄美ら海水族館 監修

ページ数:112頁
ISBN:9784838722693
定価:1,404円 (税込)
発売:2011.09.15
在庫:品切
ジャンル:ガイド

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入