マガジンワールド


ぐるぐる 七福神 (中島 たい子 著)

●内容紹介
 恋人なし、お金なし、趣味もなし――。派遣社員で人嫌いな主人公船山のぞみ32歳。街で偶然あった知人に、元カレのインドでの客死を聞き、さらに落ち込む日々を暮らす彼女だが、入院した祖母の家で見つけたご朱印の書かれた色紙を見つける。七福神のご朱印が揃ったはずの色紙には、しかし六つの神までしか書かれておらず、のぞみは祖母の快復を祈願し欠けている一つ「寿老人」を埋めるべく七福神めぐりをはじめるが――。
 谷中、武蔵野、日本橋、港、亀戸、浅草。下町情緒あふれる町並みから、寺社の存在を忘れるような近代的な街まで、さまざまな街を足で歩いていくなかで、普段の忙しい生活では気づき得なかった東京の新しい魅力が見えてきて、のぞみの傷つき閉ざされた心も少しずつ変化があらわれる。その中で死んだはずの恋人・大地の新しい情報も見えてきて……。
 ひっそりとたたずむ寺社とその周囲に残されて都会とは思えない木々や花々の自然、門前の商店街のグルメや人情など、歩く速度でしか見えない、東京の古くて新しい魅力を再発見しつつ、ひとりの女性の再生の軌跡を、爽やかかつユーモアのある筆致で綴る“新感覚プチロード小説”。

●著者紹介
中島たい子/1969年、東京生まれ。多摩美術大学卒業。1996年「チキチキバンバン」で第1回日本テレビシナリオ登龍門・大賞受賞。その後、放送作家、脚本家を経て2004年『漢方小説』で第二十八回すばる文学賞を受賞。ほか著書に『漢方小説』『そろそろくる』『この人と結婚するかも』『結婚小説』(以上集英社)、『建てて、いい?』(講談社)がある。

『ぐるぐる 七福神』
  中島 たい子 著

ページ数:208頁
ISBN:9784838723478
定価:1,404円 (税込)
発売:2011.10.20
在庫:在庫あり
ジャンル:小説

購入はこちら





Online Shopping オンライン書店で購入



ぐるぐる 七福神