マガジンワールド

親バカ本 (五月女 ケイ子 著 細川 徹 著)

親バカ本

— 五月女 ケイ子 著 細川 徹 著電子版
  • ページ数:208頁
  • ISBN:9784838726349
  • 定価:1,404円 (税込)
  • 発売:2014.01.16
  • ジャンル:エッセイ
『親バカ本』 — 五月女 ケイ子 著 細川 徹 著

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

妊娠時は時に松岡修造と化して妻をサポート、
出産後は自分のおっぱいを飲ませようと必死になったり、
成長過程に立ち会えない身を嘆く夫。
イヤイヤ期に心折れ、おもしろ発言に大笑いする一方で、
育つスピードが嬉しくも淋しい妻。
そして、高らかに二人は言う、「子供ってすばらしい!」

一般的にはクールなイメージを抱きがちなクリエーター夫婦が、普通以上にメロメロになって子供を育てていく様が、はたから見ても微笑ましく、時に爆笑、時にきゅんと胸を打つ! アンアンで3年半にわたって連載、夫婦交互に書かれた夫婦エッセイ決定版。
つわり、胎教、立ち会い出産、名付け、夜泣き、授乳、夫への興味喪失、将来への早すぎる不安、病気、保育所、教育法、卒乳、イヤイヤ期、キャラクターの侵入、言葉の発達…など、子育てあるあるがすべて詰まった1冊。
夫の写真、妻のイラスト、そして愛娘はるちゃんの写真など、ビジュアル要素も満載。

細川「かわいいと言うことに抵抗はありません」
五月女「『人生で一番幸せな瞬間』はというと、ダントツで、私の中からはるが出てきたときだ。(中略)あのときの幸せの貯金で、これからの余生暮らせるぐらいだ」