マガジンワールド

From Editors No. 813 フロム エディターズ

From Editors 1

いいおやつとの出会いを。

本や音楽、コーヒーやお茶と同じように、なにげない日常に句読点を打ち、ふとちがう心持ちにしてくれる、おやつにはそんな効能があると気がつきました。 そして、あの街にあのおやつがあると知ると、また訪ねる理由が増えるというものです。おやつ、いろんな意味で最高!

今日もよい一日を。
鎌倉のベイクショップ〈Pompon Cakes BLVD.〉にはじめて行った時、オーナーの立道嶺央さんの大きく清々しい声に驚いた。買い物を終えた客や、お茶の時間を楽しんだ客が帰るときに「今日もよい一日を!」と声をかけるそうだ。海外の店では当たり前のやりとりだけれど、日本で続けている場所はなかなかないだろう。最初は驚いたが、実に気分がいい。絶品のレモンケーキといい、なんだかこの近くで暮らしてみたくなる。

おやつの店。
国立の〈foodmood〉は料理家・なかしましほさんの店。バターのかわりに菜種油をつかったシフォンケーキ、名物のアースケーキが実にうまい。せっかくだからとついつい食べ過ぎた。店内を眺めていると、小さな子供を連れた家族も多く、説明書きを読むとたしかに「ごはんのようなおやつの店」とある。ごはんのように毎日でも食べたいやさしい味。

プリン・ア・ラ・モード。
横浜の歴史あるホテル〈ホテルニューグランド〉。1927年に開業したここはプリン・ア・ラ・モード発祥の地でもある。戦後すぐ、アメリカの婦人たちを招いた食事会で、デザートとしてアイスクリーム、プリン、フルーツを盛りつけたのが始まりで、いわば「即興」でつくったメニューが全国的に広まったらしい。当時と同じ方法でということで、フルーツはいまも缶詰を用いている。即興がみんなの定番になったなんて、なんとも最髙じゃないか。

 
●矢作雄介(本誌担当編集)
Pompon Cakes〈Pompon Cakes BLVD.〉の看板。
Pompon Cakesとfoodmood 〈Pompon Cakes BLVD.〉と〈foodmood〉の看板。自分が住む街にこんな店があったらいいのに。
〈Pompon Cakes BLVD.〉と〈foodmood〉の看板。自分が住む街にこんな店があったらいいのに。

〈ホテルニューグランド〉の絶品プリン・ア・ラ・モード。ペロッと食べてしまうから不思議なもの。
〈ホテルニューグランド〉の絶品プリン・ア・ラ・モード。ペロッと食べてしまうから不思議なもの。



From Editors 2

バラチラシ寿司、のようなもの。

マダムで賑わう昼下がりの銀座・和光ティーサロン。仕事だと自分に言い聞かせながら、恥ずかしさを押し殺して注文したのはチョコレートパフェ。口にしたときに、思わずのけぞった。美味い。目からウロコ。食わず嫌いとはこのことだ。「男がパフェなんて…」と言いながら避けてきた。思い返せば、口にするのは小学生のとき以来ではないだろうか。

ネタの大小、温度、密度、歯ごたえ、のどごし、そして味のレイヤー。器の形から、具材の隙間まで、緻密に計算され尽くされた、奥深いスイーツなのだ。例えるならば、バラチラシのような食べ物である。お店ごとにバラエティに富んでいて、フルーツパフェなら旬も楽しめる。何よりも宝探しのように掘り進める楽しさ。そこにはパティシエ(料理人)のアイデア、経験、技が詰め込まれている。モジモジと注文していた自分などすっかり忘れ、ペロリと完食してしまった。

タカノフルーツパーラー(新宿ほか)、フルーツパーラーフクナガ(四谷三丁目)、カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ(鎌倉)など、掲載はできなかった絶品パフェの店は他にもたくさんあるけど、どの店でも男性の一人客がパフェを食べている姿が印象的だった。いまでは自分自身も、行く先々のお店のメニューにパフェを探しています。読者のみなさんにも、パフェおじさんの仲間入りをして欲しいと願っています。

 
●鮎川隆史(本誌担当編集)
写真は鎌倉の〈カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ〉の「パフェ・ディモンシュ」610円。本格的なコーヒーのパフェ。シャリシャリ、フワッフワ、ぷるるん。至福。
写真は鎌倉の〈カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ〉の「パフェ・ディモンシュ」610円。本格的なコーヒーのパフェ。シャリシャリ、フワッフワ、ぷるるん。至福。


 
ブルータス No. 813

最高のおやつ。

650円 — 2015.11.16/品切
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 813 —『最高のおやつ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承ください。