マガジンワールド


From Editors No. 831 フロム エディターズ

From Editors 1

いつもの、そして今日だけの。
人生は、サンドイッチとともに。

いつもより早く起きた朝は、さわやかに。代官山まで散歩して、〈ヒルサイドパントリー〉のキューカンバーサンドを。炭水化物を“なるべく”控えたい、でも胃袋にガツッと、というときは、〈ユーゴ・デノワイエ〉のローストビーフサンドでランチを。どうしても喜ばせたい相手と打ち合わせをするときは、フルーツ特集で知った〈GELA C〉のフルーツサンドを手土産に。京都に行ったら、〈スマート珈琲店〉。フレンチトーストを横目にしながら、やっぱりタマゴサンドウィッチを注文。今回の特集取材で出会った〈浪速割烹 和亨〉の裏メニュー・ハモカツサンドは、大阪らしいアイデアを感じさせる一品。これからは、大阪出張が決まったなら、あの食感をすぐに想像してしまうかもしれない。

朝からしっかり食べたいときも、小腹がすいて、落ち着かない午後3時も、
ディナーでガッツリ、飲んだ後の〆にも。
気分、天候、時間、場所、一緒にいる人、ときには体調にあわせて。
今日の自分にマッチした、理想的なサンドイッチは、町にあふれている。
その日、その時、その気分にあわせた365日365個のサンドイッチを用意しました。

 
●︎︎杉江宣洋(本誌担当編集)
名古屋の実家に泊まり、東京に帰る朝。早起きして向かうは、名古屋駅の喫茶店〈コンパル〉。注文するは、コーヒーとコーチン玉子サンド。コーヒーが来たら、店員さんに、エビフライサンドのテイクアウトをオーダー。精算をするときにちょうど出来上がったこれを旅のお供にする贅沢。今回の特集では紙幅の都合で紹介できなかったので、こちらで。
名古屋の実家に泊まり、東京に帰る朝。早起きして向かうは、名古屋駅の喫茶店〈コンパル〉。注文するは、コーヒーとコーチン玉子サンド。コーヒーが来たら、店員さんに、エビフライサンドのテイクアウトをオーダー。精算をするときにちょうど出来上がったこれを旅のお供にする贅沢。今回の特集では紙幅の都合で紹介できなかったので、こちらで。



From Editors 2

日々、サンドイッチ。

小腹が空いたら、打合せや撮影の傍らに、お土産に……。〈メルヘン〉、〈はまの屋パーラー〉、〈梅林〉……。会社のある銀座近辺、いくつかのお店に、機会を見つけては頂く、好きなサンドイッチがあります。手軽で、仕事の合間にちょこちょこつまめるので、もしかしたら月のうち半分くらい、私の昼食はサンドイッチかもしれません。

​この特集が立ち上がる際、​1冊にサンドイッチを365個掲載する、と副編集長が言った時には、正直ちょっと気が遠くなりましたが、じつはちょっと嬉しかったんです。

それから始まった、私とサンドイッチの夏。“パン好きさん”からパン屋さんのサンドイッチについて伺い、肉系ライターさんのほとばしる肉サンド愛に耳を傾け、レストランジャーナリストさん達から「おいしいサンドイッチ」と聞けば、首都圏を縦横無尽に移動してサンドイッチ行脚の日々。

校了して、この本をみなさんにお届けできる今振り返ると、もう一生分くらいサンドイッチ食べたなぁ、という感慨があります。でも同時に、アレまた食べたいなぁ、というサンドイッチばかりです。

実際、この取材が終わってからの昼食サンド率がさらに上昇しており、ダイエットを始めるタイミングを失って、困っている今日この頃。私のサンドイッチな日々は、当分終わりそうにありません。

 
●草野裕紀子(本誌担当編集)
本誌では、お肉の専門店のサンドイッチ企画でご紹介した〈フレンチデリカテッセン カミヤ〉の週末限定、ローストポークサンドイッチ。試食用に切って頂きました。
本誌では、お肉の専門店のサンドイッチ企画でご紹介した〈フレンチデリカテッセン カミヤ〉の週末限定、ローストポークサンドイッチ。試食用に切って頂きました。