マガジンワールド

ティードリンクにチャイ……ポートランドは新しいティーカルチャーの発信地でした。 From Editors No.842

From EditorsNo.842 フロム エディターズ

ティードリンクにチャイ……ポートランドは新しいティーカルチャーの発信地でした。

新しいティーカルチャーの最先端を体現するティーメーカーがあると聞いて、ポートランドに行ってきました。その名を〈スティーブンスミスティーメーカー〉。1970年代から〈スタッシュ〉、〈タゾ〉などを手がけたカリスマ、スティーブン・スミスさんが自らの​名​を冠したブランドです。アトリエ兼テイスティングルームで私たちを迎えてくれたブレンダーのトニー・テリンさんが中国茶やアールグレイなどのリーフティーに続いて出してくれたのは、私たちの想像を超えたティーでした。タップから注がれる炭酸入の《ニトロチャイ》や、やや甘やかなブレンドティーにリコッタチーズとミルクをミックスして自家製シロップを入れたティードリンクなど。彼が目下情熱を注いでいる、オリジナルレシピの開発はじつに楽しそう。また、ローカルに評判のチャイ専門店があると聞いて車を走らせると、20年ぶりの大雪にもかかわらず長蛇の列が。〈ピップス・オリジナル・ドーナツ&チャイ〉です。薫香がついた《スモーキー・ロビンソン》、ショウガをきかせた《ジンジャー・ロジャース》などネーミングもウィットに富んでいてワクワク感を煽ります。揚げたてドーナツとの相性も抜群で、カップルから親子連れまであらゆる世代がチャイを楽しんでいるのを目の当たりにしました。本誌では、ティーシロップやティーリキュールを作るティーメーカーも紹介。​ブレンドリーフ​ティーの多様性もさることながら、その先にも無限に広がるティーカルチャーの一端を垣間見ました。

 
●︎︎草野裕紀子(本誌担当編集)
できたてのレシピでティードリンクを振る舞ってくれた〈スティーブンスミスティーメーカー〉のトニー・テリンさん。
できたてのレシピでティードリンクを振る舞ってくれた〈スティーブンスミスティーメーカー〉のトニー・テリンさん。
〈ピップス・オリジナル・ドーナツ&チャイ〉の前で雪の中並ぶポートランドの地元の人たち。じつは、店内にも20人くらい待ってるんです。
〈ピップス・オリジナル・ドーナツ&チャイ〉の前で雪の中並ぶポートランドの地元の人たち。じつは、店内にも20人くらい待ってるんです。
そして、お待ちかねのドーナツとチャイ。​
そして、お待ちかねのドーナツとチャイ。​


ブルータス No. 842

新しいティーカルチャー。

680円 — 2017.03.01
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 842 —『新しいティーカルチャー。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。