マガジンワールド

聴きたい音楽を探す。聴きたい音楽を聴く。 From Editors No.844

From EditorsNo.844 フロム エディターズ

聴きたい音楽を探す。
聴きたい音楽を聴く。

自分の聴きたい音楽は何だろう? 坂本龍一さんは自らにそう語りかけ、8年ぶりのオリジナルアルバム『async』を作り始めました。そして、坂本さんは、“聴きたい”という欲求のままに音を聴き続けたそうです。朝起きて、自分が最初に聴きたい音はなんだろ?と音を鳴らして聴いてみる。ニューヨークの自宅の庭に雪が積もると、どんな音が聴こえるだろう?と聴いてみる。新宿駅の雑踏に身を投じて、自分の感じる音はあるのか?と音を探し、聴いてみる。郊外の森深くに足を踏み入れ、廃墟に漂う音はどんな感じだろう?と音を録り、聴いてみる。音を鳴らし、録音し、聴く。音を見つけ、録音し、聴く。そんな音探しを4ヶ月間続けたそうです。そして、すでに傑作の呼び声が高いオリジナルアルバム『async』は生まれました。その経験を坂本さんは何にも代え難い経験だったと話してくれました。特集『はじまりの音楽』は、自分が聴きたい音楽が見つからないあなたのために「新しい音楽の入り口」を提案します。自分の聴きたい音楽を探す。音楽を聴くだけでなく、音楽を探すことも、自分らしく。坂本さんが聴きたい音と出会ったように、ぜひ、音楽の入り口から新しい音楽と出会ってみてください。

 
●︎︎︎伊藤総研(本誌担当編集)
bu844-fe1
坂本龍一さんの8年ぶりのオリジナルアルバム『async』。どれだけ素晴らしいアルバムかは、本人のコメント「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」からも伺い知れる。


ブルータス No. 844

はじまりの音楽

680円 — 2017.04.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 844 —『はじまりの音楽』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。