マガジンワールド

入り口から、また新しい入り口へ。 From Editors No.844

From EditorsNo.844 フロム エディターズ

入り口から、また新しい入り口へ。

「シュールストレミング、あれは本当にやめておいた方がいいです」「やっぱりヨーロッパの鉄道や駅がいいですね」「昔飼っていたゴンちゃんというセキセイインコがいて」……。発酵食品に鉄道に鳥、何特集のインタビューで出た発言でしょう? ――正解は、今回の音楽特集です。

「新しい音楽ジャンルを作ってください」。今号「はじまりの音楽」で、BRUTUSからアーティスト・芸術家・研究者など33人に投げかけた質問です。「UFO」「米大統領」「DNA」「レジ前」など、一見すると音楽と関係があるとは思えないジャンル名が届くたびに「こうきたか!」と唸らされ、選ばれた曲を聴いては「確かに、この曲はこのジャンルだ」と納得し……。そんなことを繰り返しているうちに、めまぐるしく3カ月が経ち、ディスクガイドが完成していました。

すべての編集作業を終えた今、高橋幸宏さんのインタビューで何気なく発せられた一言が印象に残っています。聴くべきものがわからない人が増えている、という話題を受けて、「今回は僕たちがジャンルを作ったけど、自分でも作ってみてほしい。携帯でプレイリストを作るだけでも、作業としては同じことだから。そのうち、自分が聴きたいのがどういう音楽なのか、はっきり見えてくるんじゃないかな」と。この1冊で“音楽の入り口”を見つけたら、今度は自分で、さらなる“新しい音楽の入り口”を作ってみてはいかがでしょうか。

 
●︎︎︎鴨志田早紀(本誌担当編集)
bu844-fe2a
bu844-fe2b
bu844-fe2c
「音楽の特集号で使った」と言っても、あまり信じてもらえなさそうな画像の数々。


ブルータス No. 844

はじまりの音楽

680円 — 2017.04.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 844 —『はじまりの音楽』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。