マガジンワールド


Special Contents ホンマタカシと語り合った、写真家たち。

今号では、ホンマさんは11人の写真家たちと写真について考えました。彼らが作品を発表した雑誌を前に語り合いました。ここでは、その中の3名をご紹介。ホンマさんが彼らを称した言葉と、それぞれが撮影を担当した雑誌の誌面と一緒にご覧下さい。

「新たな価値観で男を撮る、森 栄喜」

森 栄喜
EYESCREAM MARCH 2013
styling/Tadashi Mochizuki
hair&make-up/Yukie Zitsuyama
model/Ryuhei Matsuda
edit/Hiroshi Inada
art direction/Satoru Abe


森 栄喜
もり・えいき/1976年石川県生まれ。2001年、米・パーソンズ美術大学写真学科卒業。14年、『intimacy』(ナナロク社)で第39回木村伊兵衛賞を受賞。著書に『Crows and Pearls』(edition.nord)のほか、『tokyo boy alone』などがある。


「可愛い反抗心、松原博子」

松原博子
& Premium
2014 JUNE

styling/Tamao Iida
hair&make/Hiroko Ishikawa(mod’s hair)
model/Milana, Federico, Dorota
edit/Kaori Watanabe
art direction/Soichiro Nakatsu


松原博子
まつばら・ひろこ/京都府生まれ。2006年独立後、『GINZA』『SPUR』『FIGARO』など、女性ファッション誌を中心にブランドのスタイルブックなどでも活躍。アイスランドの極地で吹雪の中、撮影をしてみたいと思う日々。


「写真の力を信じる、川島小鳥」

川島小鳥
BRUTUS No.770
model/Kazunobu Mineta
art director/Yasushi Fujimoto(cap)


川島小鳥
かわしま・ことり/1980年生まれ。『BABY BABY』(学研)、『未来ちゃん』(ナナロク社)など。近著に、台湾を舞台に撮影した『明星』(ナナロク社)。2月27日からパルコミュージアムで写真展を開催する。http://www.kawashimakotori.com