マガジンワールド

From Editors No. 181 フロム エディターズ

特集内容

AT CAFE
居心地のいいカフェ。

東京だけでなく日本には魅力的なカフェがいっぱい。2000年前後、「まったり」「カフェめし」という言葉を生んだ、東京から発展した日本のカフェカルチャー。その波は地方へと派生し、現在はサードウェーブを皮切りにコーヒーブームで湧いています。そんな日本の居心地のいいカフェをカーサ ブルータスが追跡しました。

●居心地のよいカフェはこうしてつくられた。
 ブルーボトルコーヒー清澄白河、青山
 ブルーボトルコーヒーで買えるものカタログ
●YAECAの1 Dayカフェがオープン!
●日本のカフェ文化が生まれた時代。
●人気のCafe Foodはこのカフェを目指せ!朝食、野菜、サンドイッチ、キッシュ、ベイク
●甲斐みのり、中塚武、渡辺有子、鹿児島睦さんらの行きつけカフェとは?
●ソニア パークがつくったカフェカルチャー。
●今、コーヒー通が行きたい、コーヒーショップ。


 

Editor’s Voice

日本全国の名作カフェめぐり。

コーヒーの最先端、サードウェーブのブルーボトルコーヒーから、旅の目的となる地方の有名店まで「カフェ」と言ってもタイプはさまざま。「まったり」する場所から一度は行ってみたい名店、海をみながらのんびりごはん食堂など、心に残ったカフェベスト3をお知らせしましょう。


 
都会のオアシス!緑がまぶしいテラス席を目指したい。
ブルーボトルコーヒー青山カフェ
東京都・表参道

2月のオープンから行列が絶えることがない、ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ。この3月6日に早くも2号店目となる、青山カフェがオープンした。こちらはソファ席や青山限定のフードなど清澄白河とは異なるコンセプト。木々を正面に臨むテラスは青山だと思えない環境だ。そこで目指したいのがテラス席。青山のオアシスとなりそうだ。

casa181_editors1
casa181_editors2




 
美味しさもインテリアもそしてお土産も、全てにうっとりのカフェ。
LENTO
神奈川県・石川町

八王子にある有名パン屋さん、チクテベーカリーのカフェ部門として、下北にあった「チクテカフェ」の卒業生二人が横浜にオープンさせたLENTO。シンプルなインテリアとチクテカフェを彷彿とさせるニース風サラダ。そして忘れられない味のビーフカレーを目的にオープンと同時に多くの人がやってくる。

casa181_editors3



 
テントの下でモモとビールを!
食堂かりか
沖縄県・南城市

テーブルはなんと浜辺に張られたテント。キッズもわんこも好きなだけ走り砂浜を回れるカフェ、〈食堂かりか〉で出すのはネパール料理。那覇から南下したところにあります。

casa181_editors4
casa181_editors5

casa181_editors6

casa181_editors7



特集担当編集/西村由美
CASA BRUTUS No. 181

居心地のいいカフェ

880円 — 2015.03.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 181 —『居心地のいいカフェ』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。