マガジンワールド


From Editors No. 182 フロム エディターズ

特集内容

新しいライフスタイルはいつだってアメリカからやってくる!
メイド・インUSAカタログ 2015

日本の『Whole Earth Catalog』ともいわれ、ライフスタイルのバイブルとなった『made in USA catalog 』が生まれて今年が40周年です。当時はまだ、アップルもGoogleもパタゴニアもありませんでしたが、誌面を余すところなく埋め尽くしたアメリカのプロダクトはサブカルチャーそのものでした。

あれから40年、いまもアメリカで生まれたMade in USAブランドが世界中を魅了しています。サードウェイブコーヒーからテスラの電気自動車、トム・ブラウンのスーツ……。理想の暮らしを実現してくれるとびきりのmade in USAブランド大事典が完成しました。

●BEST HIT USA 人気フードショップの行列はアメリカからやって来ます。
●AMERICAN HOME 理想のライフスタイルが実現するアメリカンブランド
●FURNITURE ミッドセンチュリーだけじゃないアメリカの名作家具。
●KITCHEN & TABLE 質実剛健のキッチンウェアとカラフルなテーブルウェア
●OUTDOOR 山・海・ストリート いつだってアウトドアはUSAさ!
●San Francisco FOOD CULTURE サンフランシスコ・フードカルチャー
●GADGET デジタルガジェットはみんなシリコンバレーから発信されます。
●I ♡ USA アメリカに魅了された「俺の、私のアメリカン」
●FASHION Mode in USA catalog 2015
●TRAVEL カリフォルニア最新トラベルガイド!


 

Editor’s Voice

Men’s 男が着るアメリカの服▶Sports アメリカのスポーツ用品▶Work 働きもののアメリカ人▶Wildness 大自然の中に生きる▶Music 必需品としての音楽▶Living 人間的に暮すための道具類▶Craft 若者に受けている手作りに店▶Hobby 余暇を大切にするアメリカ人▶Travel 旅ーアメリカ式移動法▶Art 種類も豊富なアート用品▶Two Wheeling 自転車、オートバイなどの二輪

1975年に発行された『Made in U.S.A catalog』の目次の抜粋です。巻頭をを飾った「男が着るアメリカの服」はトラディショナルの象徴としてのブルックスブラザーズでした。それに続いて紹介されていたのはリーバイス501でした。表紙から「これでもか!」というばかりにモノ、モノ、モノ。アイテムも節操がないくらいに、ネルシャツ、ウェスタンブーツ、ダウンジャケット、斧、絵具、バーボン……、とあるわあるわの物量作戦でした。「アメリカってすげーな!」と当時の若者はかなりのカルチャーショックをうけたワケです。おまけに「メールオーダーでアメリカ製品を取り寄せよう」という親切なのか不親切なのかもわからない、突き放した企画もあったりしました。それもそのはず、掲載されたアイテムの多くが日本では入手困難だったんです。カタログ雑誌というカテゴリーもなかった時代のでしたから、あのアメリカのインパクトは超弩級でした。

あれから40年。いまはアメリカのプロダクトのほとんどが日本で手に入ります。とはいえ、いまも変わらないことはアメリカのサブカルチャーはモノが語り、モノはガレージから生まれるということです。アメリカの底力ですね。

casa182_editors1

 
特集担当編集/古谷昭弘