マガジンワールド

From Editors No. 185 フロム エディターズ

特集内容

ニッポン再発見の旅へ! 猫村さんの人情グルメ〜軍艦島まで。
今、旅する日本の新名所69件!

夏休みはどこ行こう? 今年の旅行先はニッポンがおすすめです。最近では世界中から多くの観光客が日本を目指してやってきますが、この国の観光資源は日本人にとってもますます魅力的になっています。そこで、今こそ訪れたい日本の新しい名所を徹底調査しました。

●大分/櫻井 翔、新しくオープンした大分の美術館へ行く!
●長崎/よし、軍艦島に上陸しよう!
●京都/吉岡徳仁がデザインした「ガラスの茶室」が見たい。
●しまなみ海道/三大建築を訪ねる瀬戸内サイクリング!
●鹿児島/皆川 明、しょうぶ学園を訪ねる。
●青森/猫村さんの出張スペシャル!みちのく「人情グルメ」ツアー。
●京都/今、京都で本当に食べるべきは「中華料理」なんですって!
●東北/被災地の「新しい」建築を巡る旅へ。
●旅にまつわる最新ニュース。
●〈中川政七商店〉と考えた、100年先も残したい 「ものづくり」をめぐる旅。


 

Editor’s Voice

夏バテには発酵料理オーベルジュ、です!
今月号のテーマは「ニッポン再発見の旅」。嵐の櫻井 翔さんが大分に新しくできた<OPAM/大分県立美術館>を訪ねたり、祝! 世界遺産決定の長崎・軍艦島にいち早く行ってみたり、今年だからこそ行きたいホテル・旅館を集めてみたり。今、世界中から注目を集める「ニッポン」の素敵なところを、あらゆる切り口で特集しています。

さてそんなニッポンに古来から伝わる調理法&食材保存法と言えば? そう、「発酵」ですよね。今回私が訪れた滋賀県の<徳山鮓>は、かの発酵学者・小泉武夫先生のご指名でこの地にレストラン&宿を開いた、世にも珍しい発酵料理のオーベルジュです。

casa185_editors1
滋賀県・余呉<徳山鮓>


この日出していただいた夏のディナーコースは、稚鮎煮の発酵ソースがけにはじまり、鯖のなれずしに薄く削ったチーズをかけたもの、鮒寿司、発酵からすみ、デザートに発酵アイスと、発酵づくしの12品! ちょっとなれずし囓って、日本酒ちびり、鰻の湯引き噛んで、日本酒ちびり、を繰り返してたら一日終わってしまいそうでした。こちらのなれずしは臭みがまったくなく、香りも味もとっても柔らか。むしろヨーグルトのようなさわやかさでした。苦手な人もぜひ挑戦してみていただきたいです。夏バテにも効く発酵料理! みなさんも夏休みに合わせて行ってみてください。

オマケ、今号の京都のテーマは「中華」です。中華?和食?フレンチ? というまったく新しい中華料理は絶品でしたが、そのほかに、個人的に訪れておいしかったお店をご紹介。

casa185_editors2 京都・三条京阪<うね乃>
おだしで有名な<うね乃>さんがおうどん屋さんを開かれていました。たまごとおだしを合わせてふわっふわに泡立てた「たまごうどん」、おいしかった…。
casa185_editors3 京都・錦市場<にしきの千松>
京都在住ライターさんに連れていっていただいた、<にしきの千松>。おばんざいも全部おいしかったけれど、目の前で七輪を出して焼いてくださった孟宗竹と淡竹の食べ比べ、あの香りが忘れられません…。品のいい店主ご夫妻もとっても素敵で、初めてでも入りやすい小料理屋さんでした。



特集担当編集/真田奈奈
CASA BRUTUS No. 185

ニッポン再発見の旅へ!/表紙&巻頭・櫻井翔

880円 — 2015.07.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 185 —『ニッポン再発見の旅へ!/表紙&巻頭・櫻井翔』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。