マガジンワールド


プラスワン講座 第12回「トレーニングのスペシャリストに学ぶ姿勢を改善するストレッチ」

【クロワッサン倶楽部会員限定】 クロワッサン学園 プラスワン講座
第12回
トレーニングのスペシャリストに学ぶ
姿勢を改善するストレッチ

 
東京もいよいよ梅雨が明け、暑さ本番となった7月24日に、クロワッサンプラスワン講座の第12回「トレーニングスペシャリストに学ぶ 姿勢を改善するストレッチ」を開催しました。スペシャリストとは、会場・カルチャーワークス所属で、プロアスリートのトレーナーもつとめる倉田孝太郎さん

テーマは猫背改善。人は前の筋肉はよく使うけれど、背側の筋肉はあまり使わない。家事もほとんど前ばかり。だからどうしても猫背になってしまうのだが、

「猫背だと見た目が老けて見えるだけでなく、首の後ろの筋肉が伸びてしまって首や肩が凝るし、さらには頭痛も引き起こしてしまいます。だから、ストレッチやトレーニングで改善していきましょう」と倉田さん。さっそく、いかにも直接響きそうな、大胸筋、肋骨、首のストレッチを教えてもらいました。

次いで教えてもらったのは、腸腰筋や臀部、大腿、股関節のストレッチ。

「股関節を軟らかくできれば脚の可動域が広くなるし、骨盤が正しい位置に収まれば、背筋も伸びる。で、猫背が治るんです」。やってみると、なるほど、一見、関係なさそうな下半身メインのストレッチでも胸が開き、左右の肩甲骨が寄って、背筋がより伸びて……。じわじわと汗をかき、着実に効いてきていると実感できました。

最後に、ストレッチと比べるとかなりハードな、ダイナミックストレッチでトレーニングにもチャレンジしました。
「もしも明日、筋肉痛が出たら、その部位は、いつもは使っていないのに、今日、珍しく使ったといういい証拠。トレーニング時に左右差を感じたら、やりにくい側からやってみてください。日を重ねれば差が縮まるはずです」。

炎天下(会場はクーラーが効いて快適でしたが)、めいっぱい体を動かし、姿勢改善・猫背解消を実感した参加者のみなさん。倉田さん特製の写真入り解説を見ながら、今日もストレッチ&トレーニングに励んでいるに違いありませんね。

倉田 孝太郎さん

倉田 孝太郎さん

「カルチャーワークス」トレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師


【講師プロフィール】

1978年生まれ。2010年までフリースタイルスキー・エアリアル競技で選手として活躍。
2001年全日本ナショナルチーム 日本代表、2005年全日本スキー選手権大会 優勝、2007年アジア冬季競技大会 銅メダルなど数々の輝かしい成績を残し、トレーナーへ転身。
プロゴルファー、サッカー社会人リーグ、競艇など、幅広いスポーツ選手のトータルコンディショニングやケア、マッサージなどを担当する。選手としての体験を活かした幅広いトレーニング知識とボディメンテナンス方法をもつ。


当日の様子はこちら
首のストレッチングでは、伸ばしている方の肩を低くすると効果大。
首のストレッチングでは、伸ばしている方の肩を低くすると効果大。

太ももの前のストレッチングでは、曲げている方の膝が浮いてしまうと効果半減。上向きに寝ると浮いてしまう人は、肘をついて上体を起こして膝を床に近づける。
太ももの前のストレッチングでは、曲げている方の膝が浮いてしまうと効果半減。上向きに寝ると浮いてしまう人は、肘をついて上体を起こして膝を床に近づける。
ストレッチポールを使い、上向きに寝ると、胸が開き、両肩甲骨の間が縮まる。ポールがなければ、タオルをくるくるっと丸めて代用。
ストレッチポールを使い、上向きに寝ると、胸が開き、両肩甲骨の間が縮まる。ポールがなければ、タオルをくるくるっと丸めて代用。
トレーニング終了後、自分の姿勢をチェック。すると、猫背の人は皆無でした。
トレーニング終了後、自分の姿勢をチェック。すると、猫背の人は皆無でした。

plusone12_report_img1

股関節のストレッチングがしっかりとできたら、胸を張り、前を見る。胸が開いて肩が広がるのを感じるはず。
股関節のストレッチングがしっかりとできたら、胸を張り、前を見る。胸が開いて肩が広がるのを感じるはず。

股関節の前と身体の外側のストレッチング。体重を前脚にかけて、立てている脚の側に身体を横に倒す。と、脇の下のあばら骨の間がぐ~んと伸びる。
股関節の前と身体の外側のストレッチング。体重を前脚にかけて、立てている脚の側に身体を横に倒す。と、脇の下のあばら骨の間がぐ~んと伸びる。
ストレッチングだけでなく数々のトレーニングにもトライ。最もハードだったのが、この「ワニウオーク」。股関節と大胸筋にかなり効くが、手と脚が自然と出て前に進めるようになるには時間がかかるかも。
ストレッチングだけでなく数々のトレーニングにもトライ。最もハードだったのが、この「ワニウオーク」。股関節と大胸筋にかなり効くが、手と脚が自然と出て前に進めるようになるには時間がかかるかも。

plusone12_report_img9


【クロワッサン学園 プラスワン講座とは】
年に1、2回行われる「クロワッサン学園」とは別に、クロワッサン倶楽部の会員のみなさまを集めて、月1回程度、都内のカルチャースクールなどで小規模の講演会や講習を行います。イベントの参加者募集は倶楽部会員の限定メルマガから行っております。
倶楽部会員登録をする
 

日時:平成26年7月24日(木) 13時30分~15時00分

渋谷・カルチャーワークス(東京都渋谷区神南1-12-10

定員:20名