マガジンワールド


プラスワン講座 第7回『女性ホルモン連続特別講座 第1回目』報告レポート

【クロワッサン倶楽部会員限定】 クロワッサン学園 プラスワン講座
女性ホルモン連続特別講座 1回目/全4回

 
第1部 女性ホルモン特別講座 part1
「女性ホルモンと肌の変化。」
2014年2月のプラスワン講座は、「女性ホルモン」をテーマにした特別講座(全4回)の第1回目を開催しました。

第1部は、婦人科医・対馬ルリ子さんによる講義「女性ホルモンと肌の変化」。女性ホルモンによって起こる女性のカラダや肌の変化と、更年期のさまざまな症状の改善に有効とされるHRT(ホルモン補充療法)についてアドバイスを受けました。

「更年期はすべての女性に訪れます。外見は若く見えても、卵巣年齢や女性ホルモンのレベルは年齢ともに下がっていきます。いつまでも美しく自分らしく生きられるように、女性ホルモンと上手に付き合っていくことが大切ですね」と対馬さん。女性ホルモンの低下は30代後半から始まり、40代後半ぐらいからはその量がガクンと激減。更年期に向かって体に大きな変化が起こると知って、参加者たちはみな真剣な表情で聞き入っています。

対馬さんは、「女性ホルモンには、体内のコラーゲンと水分を保つ働きもある」と解説。そのため、女性ホルモンが減ってしまうと皮膚や粘膜の乾燥が進みやすくなる。だからこそ、卵巣機能を低下させないようにし、女性ホルモンを可能な限りイキイキと働かせることが肝心。女性ホルモンがいよいよ減ってくる年代では、HRTなど女性ホルモンを補う治療が有効だと説明を受けました。

「女性ホルモンは、女性の命と健康と美の守り神。肌や骨や粘膜の老化を遅らせたりできるほか、気持ちの明るさ、胃腸の健康、日々の活力などにも関係しています。更年期を経て老年期に入った女性でも、HRTを使ってきた人は皮膚がふっくら。何もしていないと皮膚はどんどん薄くなり、たるみやシワが目立ちます。同じ年代でも印象はずいぶん変わりますね」(対馬さん)

今回、HRTには貼る、飲む、塗るタイプなどいろいろな種類があることを、初めて知った参加者も。最後の質問タイムでは、HRTに関して「いつまで続ければいい?」「筋腫があっても使用できますか?」「閉経していない人はいつから始めたらいい?」など、具体的な質問が続々出されました。

対馬先生は、自分の体験談も交えながらアドバイスをし、「HRTは一人ひとりの健康状態や生活リズムに合わせて使っていくことが大切ですよ」と説明。これからの人生に向けて、女性ホルモンに関する知識を深めようという、皆さんの熱心さがうかがえました。

*特別講座として、4回(2月、5月、8月、11月)開催します。
 
main_img
対馬ルリ子

女性ライフクリニック銀座院長
産婦人科医・医学博士

【講師プロフィール】

周産期学、ウィミンズヘルスが専門。弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。2003年に“女性の心と体、社会とのかかわりを総合的に捉え、健康維持を助ける医療”(女性外来)をすすめる会「女性医療ネットワーク」を設立し、女性の生涯にわたる健康のためにさまざまな情報提供、啓発活動を行っている。

書著に『恋より美容液よりシンデレラホルモン 女性ホルモン力をあげてキレイになる実践法』(経済界)、『大人女子ホルモン危機をのりこえる!!』(宝島社)ほか多数。TVや雑誌、新聞などでも活躍している。

 
当日の様子はこちら

_DSC8409

_DSC8433

_DSC9129


 
第2部 つけまつげ講座
「大人のつけまつげ講座。」

第2部は、大人のためのコスメブランド「Say(セイ)」のブランドマネージャーである浅香純子さんを講師に迎え、“大人のつけまつげ”にチャレンジ!

大人の悩みとして、浅香さんは目ヂカラの低下を指摘。「40歳ぐらいから骨や筋肉が少しずつ衰えてきて、顔にゆるみが出てきます。まぶたや口角が下がり、顔全体が垂れ気味に。さらにまつ毛は本数がへって細くなるため、若い頃のような目ヂカラがなくなります」

「今日アイラインをしている人はいますか? マスカラはしていますか?」と、浅香さんが聞いてみると、アイラインやマスカラをしている人は少数。「人と話すときって目を見ませんか。実は大人にこそ頑張ってほしいのがアイメイク。迫力のなくなった目を強くするためには、アイラインとマスカラを丁寧にやっていただきたい。面倒な方はつけまつげを。かなり見違えますよ」

簡単な説明を受けて、いざ実践。1回で上手につけられた人も、悪戦苦闘していた人もいましたが、つけまつげをつけた後は、互いの顔の変化にビックリ。「ステキ!」「可愛い!」と褒め合ったり、スマホで自分撮りをしたりと大盛り上がりでした。

「目が大きくなって横顔がとてもキレイになったでしょう」と浅香さん。
参加者からは、「まつ毛がよくなったら、ほかの嫌なところが気にならなくなった」といった声も。「意外に簡単だった」という声も多かった“つけまつげ”チャレンジ。気持ちまでかなり上がったようで、目ヂカラがアップした後の皆さんの笑顔は数倍も輝いていました。

_DSC9182

浅香 純子さん

Sayブランドマネージャー

【講師プロフィール】

若創り学教室」主宰。1955年生まれ。早稲田大学法学部卒。長年、大手化粧品宣伝販促部でプロモーションを担当。コスメブランド「RMK」、「SUQQU(スック)」、「CHICCA(キッカ)」などに携わる。2011年退職後、大人のためのコスメブランド「Say(セイ)」の取締役ブランドマネージャーに就任。ブランド立ち上げと同時に中高年女性向けの「若創り学教室」を2012年秋、東京、銀座にオープン。著書に『老けの原因はメイク!?40歳からの若見えメイク塾』がある。
 


当日の様子はこちら
_DSC8376

_DSC8492

_DSC8611

_DSC8477

_DSC8513

_DSC9156


【クロワッサン学園 プラスワン講座とは】
年に1、2回行われる「クロワッサン学園」とは別に、クロワッサン倶楽部の会員のみなさまを集めて、月1回程度、都内のカルチャースクールなどで小規模の講演会や講習を行います。
イベントの参加者募集は倶楽部会員の限定メルマガから行っております。
倶楽部会員登録をする
 

日時:平成26年2月19日(水) 13時30分~15時10分

場所:銀座・Say銀座教室(東京都中央区銀座1-5-12 銀座クリスタルタワー4F

定員:20名