マガジンワールド


From Editors 編集部こぼれ話

森島土紀子さんによると、漬け物に使うのは新しょうががおすすめとか。さらに、毎年欠かせない常備菜としてらっきょうも作っているそうです。

森島邸の常備菜のお漬け物をwebで披露!

第2特集「すぐできて カラダが温もる 常備菜」では「しょうが女神」として雑誌やテレビで話題の森島土紀子さんにご登場いただきました。発汗効果や美容にいいことで知られる”しょうが”を使った料理店を神奈川・新百合ケ丘で3軒営む森島さんは、常備菜にも当然”しょうが”はマスト食材。だしつゆ、ジンジャーシロップなどの万能ソースの作りおきをベースに見た目も美味しそうな料理を7品披露してくれました。さらに、森島邸で欠かせない常備菜のお漬け物も撮影時に持ってきていただいたのですが、今回誌面ではスペースの都合で、泣く泣く掲載断念。そんなわけでこちらでその写真をクロワッサンwebにアップいたします! 大きな古漬け壷のなかには、お約束とも言えるしょうがを始め、なすやにんじんが眠っており、こちらも美味しくいただいた次第。お店での料理を始め、ご自宅でも料理や家事、さらに空いた時間には自宅に作った専用窯(!)で、お店で出すお皿を作陶するという森島さん。しょうが常備菜で培ったパワーに圧倒された取材でした。

(編集YM)