マガジンワールド


From Editors 編集部こぼれ話

誘惑の甘い飲みもの、意外にうまく作れてしまいました。

ダイエット特集、活用していただいていますか? 実は、私、今年の1月発売のクロワッサンの取材をきっかけに、朝起きてからなるべく12時間以内に夕食までを食べ終える「体内時計ダイエット」をスタートして、現在、半年で約6kg減に成功しています。そして、そのときから食べたものの記録に活用しているのが、今号で取材している「あすけん」(http://www.asken.jp)というダイエットサポートサイト。会員登録して、体重、身長、年齢、目標体重などを入力すると、1日の摂取カロリーが決まります。私の場合、1カ月1kg減くらいのゆっくりペースがいいなと思ったので1836kcalでした(思っていたより多いですよね)。そして、毎日の食事(朝食・昼食・夕食・間食)を入れていくと、キャラクターとしてイラスト化された管理栄養士さんから、ビタミンB類や鉄分、カルシウムなど、うまく摂れていない栄養素を指摘され、おすすめ食材も紹介してもらえるんです。しばらく続けていくと、どういう食べ物を選ぶといいか、なんとな~くコツがつかめてくる。体重と体脂肪も毎日記録したものが自動的にグラフになるから、それを眺めているだけでも励みになります。多少増えるときがあっても、大きな流れの中では右下がりになっているのが見てとれるから、やけにならずに済むんですね。

そんな「あすけん」に取材したのは、ダイエットに成功している人と、失敗している人の食事傾向の違い(詳しくは本誌をご覧ください)。成功した人の食事写真は、実際に「あすけん」に投稿されたものを使わせていただいています。皆さんの献立がすみずみまで興味深くて、今回モノクロページなのがもったいないくらいです。一方、ありがちな失敗例は、編集部で再現したものをスタジオで撮影しました。用意する食べ物のうち、「おにぎり」や「ケーキ」は買ってくるだけだから簡単。悩んだのは、「生クリームたっぷりのシェイクのような飲み物」です。うまくできるかどうか心配でしたが、作ってみることにしました。ここからはウェブで見ていただきたいのですが、撮影前日、自宅でトライしてみたのが、上のイラスト入りのグラスに入った写真。氷とミルクと市販の濃縮液体コーヒーをミキサーで撹拌してグラスに注ぎ、ホイップクリームを絞ってチョコチップを散らしました。意外とうまく出来てると思いませんか? 本来ならガムシロップを入れるところでしょうけれど、ダイエット中だから無糖にしてあるのも、我ながらエラい。そして、実際にスタジオで撮影したのが下の写真です。試作の結果をもとに、ミキサーの撹拌をもっと丁寧に、仕上げにココアパウダーも振ってみたりして、カフェで出てきても文句はなさそうな出来に! あ~、自己満足。2日連続でホイップクリームを食べちゃいましたが、これはもうご褒美ということで。

氷とミルクと市販の濃縮液体コーヒーをミキサーで撹拌してグラスに注ぎ、ホイップクリームを絞ってチョコチップを散らした試作品。自己流スイーツづくりもけっこう楽しい1?
氷とミルクと市販の濃縮液体コーヒーをミキサーで撹拌してグラスに注ぎ、ホイップクリームを絞ってチョコチップを散らした試作品。自己流スイーツづくりもけっこう楽しい1?

実際にスタジオで撮影したもの。試作の結果をもとに、ミキサーの撹拌をもっと丁寧に、仕上げにココアパウダーも振って、カフェ気分も盛り上がりました!
実際にスタジオで撮影したもの。試作の結果をもとに、ミキサーの撹拌をもっと丁寧に、仕上げにココアパウダーも振って、カフェ気分も盛り上がりました!


(担当編集OM)