マガジンワールド


From Editors 編集部こぼれ話

脳梗塞の予防は、毎日の食生活の見直しから!

脳梗塞は脳の血管が詰まることにより、血流が滞ってしまう病気です。
脳梗塞のほとんどは動脈硬化が原因だそうです。最大の危険因子は「高血圧」。血管に常に強い圧力がかかり血管が傷つけられることによって、動脈硬化が早まるのだそうです。ああ、想像するだけでもコワイ……。
意識して摂取したい食材は、まず「納豆」です。納豆のねばねば部分に含まれるたんぱく質分解酵素「ナットウキナーゼ」には血栓のもとになるたんぱく質「フィブリン」を溶かす働きがあるからだそうです。
そうか、納豆だったら毎朝食べてるぞ。でも、ちょっと待て。
これからは高血圧予防のために減塩も意識したほうがいいかな。今まで納豆にタレや醤油をジャブジャブ混ぜて食べてきた私ですが、ちょっと控えるようになりました。
また動脈硬化予防には、葉酸を多く含む食材もいいそうですよ。モロヘイヤ、枝豆、ほうれん草、ブロッコリーのほかに、鶏・牛・豚のレバーや、イチゴ等にも多く含まれているんですって。イチゴ好きとしては、最近、毎日スーパーで買って、朝、晩に食べています。
小さな小さな食生活改善なのですが、自分の身体は自分で守っていくしかありません。
「病で倒れないカラダづくり」、思い立った瞬間から始めていきましょう!
最近、納豆にタレをかけるのを控えめにして、かわりにお酢をかけたりしています。梅酢を少し混ぜるのも、結構おいしいんですよ。
最近、納豆にタレをかけるのを控えめにして、かわりにお酢をかけたりしています。梅酢を少し混ぜるのも、結構おいしいんですよ。
動脈硬化予防には葉酸が多く含まれている食材を。イチゴはもう、毎日食べてしまいます。しなやかな血管を想像しながら!
動脈硬化予防には葉酸が多く含まれている食材を。イチゴはもう、毎日食べてしまいます。しなやかな血管を想像しながら!


(編集CA)