マガジンワールド

From Editors 編集部こぼれ話

作り始めたら、やめられなくなりました! 「にんにく塩ヨーグルト」。

料理研究家の荻野恭子さんは、トルコ、ロシア、モンゴルなどユーラシア各国の食文化と料理を長年に渡り研究しています。そんな荻野さんに、トルコでは非常にポピュラーな「にんにく塩ヨーグルト」の作り方を教えてもらいました。

作り方はいたって簡単。市販のプレーンヨーグルトに、塩とにんにくすりおろしを混ぜるだけなのです。よく混ぜてから、なめてみると……ヨーグルトの酸味に塩味がミョ~にマッチ。そしてそれが喉元を過ぎる頃に、すりおろしたにんにくの香りがホワン。うー、たまらん! これだけで、食欲を刺激されます。冷蔵庫で2週間くらい保存できるという話だったので、早速家でも作ってみました。しゃきしゃきレタスのサラダにかけたり、アボカドにかけてみたり。これからの季節にぴったりのさわやかな酸味の調味料です。

本誌でもご紹介しているポテトサラダは、クセになりますよ。ジャガイモににんにく塩ヨーグルトをかけてからチリパウダーを薄く振りかけてもおいしいのですが、最近、新しい味わいにもトライしてみました。それは、チリパウダーではなくて”カレーパウダー”を薄く振りかけるのです。これまた、カレーのスパイシーな香りが一段と食欲をそそります。う~ん、絶妙すぎる味わい!!!!!

ヨーグルトは腸内を善玉菌が優位なバランスにし、腸内環境を整えてくれる手軽な発酵食品のひとつです。今までは朝、プレーンの状態でパクパク食べていましたが、こんなふうにアレンジして料理に使うのも、とても楽しいです。

皆さんもぜひ、試してみてください。

トルコでは非常にオーソドックスな調味料として使われているそうです。
トルコでは非常にオーソドックスな調味料として使われているそうです。

茹でたジャガイモにかけるだけ。トルコ風のポテトサラダは、お酒のつまみにもよさそうです。
茹でたジャガイモにかけるだけ。トルコ風のポテトサラダは、お酒のつまみにもよさそうです。


(編集A)
クロワッサン No. 904

発酵の力を活かす、新しい味わい。

420円 — 2015.06.25
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 904 —『発酵の力を活かす、新しい味わい。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。