マガジンワールド

From Editors 編集部こぼれ話

おしゃれな人ならではの習慣。

著書『服を買うなら、捨てなさい』は25万部を超えるベストセラー、今もっとも注目を集めるスタイリスト地曳いく子さん。小誌でも、読者をおしゃれに変身させる企画などでお世話になっています。その地曳さんに今回の特集テーマである着まわしについてうかがうと開口一番、「着回すというより着倒すぐらいの気持ちじゃないとだめよね」と東京下町(佃島)生まれらしい、歯切れのいい言葉が返ってきました。「究極のワンパターン」から始まる着倒し術の詳細は本誌をぜひご覧ください。誌面では地曳さんが長年愛用している(着倒している?)ブーツやライダースジャケットも紹介しましたが、印象的だったのは10年前に購入したとは思えないほどきれいで、革がしっとり柔らかかったこと。着用後にはブラシやクリームによる手入れを欠かさないそうです。「顔に日焼け止めしたり、ハンドクリームを塗るのと一緒だと思うの」とさらりと話す地曳さんに、おしゃれな人ならではの習慣を学んだ気がしました。
腕に付けているエルメスのバングルは15年前に購入。今も着倒しアイテムとして活用中。
腕に付けているエルメスのバングルは15年前に購入。今も着倒しアイテムとして活用中。


(編集YM)
クロワッサン No. 909

すっきり上品が、最高の着回し服。

460円 — 2015.09.10
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 909 —『すっきり上品が、最高の着回し服。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。